[スポンサーリンク]

一般的な話題

「オプジーボ」の特許とおカネ

[スポンサーリンク]

ノーベル賞受賞者の本庶佑特別教授(京都大)が、小野薬品工業に対して、オプジーボ関連の特許使用料の引き上げを要求しているというニュース(例えばこちら)が賑やかです

小野薬品は引き上げに応じる気配はなく、一方で本庶先生は批判を続けており、事態が円満に収束する気配は今のところありません。

また、アメリカでは、オプジーボ特許の「発明者は誰なのか」が争いとなっており、新たな火種となっています。

事態の行方が気になるところですが、本記事では、そもそも、本庶先生や小野薬品が、オプジーボについてどんな特許を出しているのかを見てみたいと思います。 

特許の中身

小野薬品の2016年のニュースリリースによると、小野薬品が、メルク(MSD社)を、①特許第4409430号、②特許第5159730号の2件の特許で訴えたということです。ちなみに、この訴え自体は、その後、和解が成立しています 

これら特許の権利は、小野薬品と本庶先生の共有となっています。
2件の特許の権利範囲(特許請求の範囲)は以下のとおりです。 

①特許第4409430

PD1抗体を有効成分として含み、インビボにおいてメラノーマの増殖または転移を抑制する作用を有するメラノーマ治療剤。 

②特許第5159730

PD−1抗体を有効成分として含み、インビボにおいて癌細胞の増殖を抑制する作用を有する癌治療剤(但し、メラノーマ治療剤を除く。)。   

①と②で、語尾が「メラノーマ治療薬」「癌治療剤(但し、メラノーマ治療剤を除く。)」となっている以外はほとんど同じ内容の権利となっています(メラノーマとは、悪性腫瘍(癌)の一種です)。 

これは、②は、①の「分割出願」といって、①の内容をほぼそのまま特許庁に出願しなおしたものであるためです。 

分割出願は、重要な技術について、権利の「取りこぼし」を少しでも避けたい場合にしばしば行われます。 

 

これら特許の中には、 

「本発明者らは、癌治療または感染症治療における新たな標的として、PD1、PDL1、またはPDL2に注目し、PD1、PDL1、またはPDL2による抑制シグナルを阻害する物質が、免疫機能の回復、さらには賦活機構を介して癌の増殖を阻害することを見出した。」 

と記載されています。 

まさしく、がん患者の体内でPD-1が働かないようにすることで癌に効く、というノーベル賞受賞内容が書かれた特許と言えます。 

特許使用料

ニュースリリースによると、小野薬品側には、メルクから、6 2500 万ドルの頭金+売上に比例した特許使用料(~2023年:全世界売上の6.5%、~2026年:全世界売上の2.5%)が支払われるということです。

この金額だけを見るとかなり高額にも思えますが、大きなリスクを背負って開発し、しかも薬価の改定などもあって今後の利益が見通しにくい中、もしかすると小野薬品としてはこれでも’安い’のかもしれません(あくまで個人的推測です)。

関連書籍

The following two tabs change content below.
P.A.

P.A.

弁理士。都内特許事務所で化学・材料系メーカの特許出願等を担当。 特許という側面から日本の化学を盛り上げたいと考えています。

関連記事

  1. メソポーラスシリカ(1)
  2. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  3. ナノスケールの虹が世界を変える
  4. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  5. 青いセレンディピティー
  6. 事故を未然に防ごう~確認しておきたい心構えと対策~
  7. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コープ脱離 Cope Elimination
  2. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  3. 2011年人気記事ランキング
  4. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  5. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  6. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  7. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  8. 銀を使ってリンをいれる
  9. マダンガミンの網羅的全合成
  10. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP