[スポンサーリンク]


BASF

  1. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

    台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法違反の疑いで、化学品世界大手のドイツ企業、BASFの台湾法人の技術者ら6人を逮捕したと発表した。 (引用:日本経済新聞1月7日)漏洩した…

  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】

    The 50 companies combined for $851.0 billion in ch…

  3. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

    今年も化学業界の雄BASFが主宰する、BASF International Summer Cours…

  4. 化学企業のグローバル・トップ50が発表

    Chemical and Engineering News より2015年版の 化学企業のグローバル…

  5. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~

    Tshozoです。タイトルの件、既にSHO氏によりこちらの記事で先を越されましたが、歴史的な…

  6. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ

  7. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授
  2. 企業の研究開発のつらさ
  3. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  4. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  5. Chem-Stationついに7周年!
  6. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳
  7. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

注目情報

最新記事

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

PAGE TOP