[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学企業のグローバル・トップ50が発表【2021年版】

[スポンサーリンク]

The global chemical industry made it through the worst of the COVID-19 pandemic with scratches and abrasions but few broken bones. According to data from C&EN’s Global Top 50 survey, the world’s largest chemical firms posted a 7.1% decline in chemical sales from 2019, to $795.8 billion in 2020, the fiscal year on which the survey is based. (引用:C&EN 7月26日)

今年もC&ENより化学企業のグローバル・トップ50が発表されました。統計はC&ENが調査した2020年の化学品の売上に基づいたもので、各社の化学品以外の売り上げを除いた結果になっています。

総評

COVID-19のパンデミック前だった2019年と比較して、2020年の結果はそこまで悪くなかったと評しています。その根拠について、2019年の化学品の売り上げは、トップ50社の合計で5.0%の減少だったのに対して2020年は7.1%の減少にとどまり、トップ50で公表されている収益も2019年は28.2%の減少だったのに対して2020年は22.6%の減少にとどまっていることを挙げています。全体を見て確かに航空と自動車関連に関連する素材の販売には大打撃を受けましたが、一方で食品包装やCOVID-19対策の個人保護具への素材は力強い販売量が見られました。

今年の傾向を見ると、石油化学に強く依存している会社は売り上げと順位を落とし産業ガスや農薬を販売している会社は売り上げも順位も上げている傾向にあります。トップ50のうち、12以上の会社ではプラスチックのリサイクルに関する活動を始め、ほぼ同数の会社でアンモニアや水素製造に目を向けています。他にもプラントのエネルギー効率の改善や再生可能エネルギーで発電された電気での運用なども検討されています。これらは、会社の業績には現時点では反映されていないもののサステナビリティもCOVID-19と同様に2020年の重要なテーマでした。

トップ50からの出入り

Shell chemicalsは化学品の売上を公表再開したため、5年の休止を経てトップ50に戻ってきました。また、中国のポリエステル製品を製造するRongsheng Petrochemical、DowDuPontの農薬部門である Corteva Agriscienceがトップ50に新規にランクインしました。一方、Ecolabは、油田に関連する化学事業を切り離したためランク外となりました。SK InnovationPTT Global Chemicalは、石油化学の売上が減少したためランク外となりました。

ランクインした企業

ランキングの変動

1,2,3位は、変動なくBASFSinopecDowの順になりました。ただし1-2位の差は、2019年には50億ドルだったのが2020年には210億ドルに拡大し、これはBASFがCOVID-19の影響を抑えたからだと分析しています。BASFの注目すべき活動としてサステナビリティへの貢献が挙げられ、具体的には二酸化炭素の排出をこの10年の終わりまでに2018年比較で25%減らす目標掲げ、再生可能エネルギーでの発電や、電気分解で生成した水素の使用を検討しています。Sinopecは、この先2年で中国のZhenhai, Hainan, Tianjinにエチレンクラッキングプラントの建設を完了させ、プロパン脱水素化プラントの建設も来年からZhenhaiにて始まる予定となっており、生産拡大に邁進しているようです。Dowは、人員削減やプラントのシャットダウンでコスト削減を行うと同時に、投資を進めており、例えば中国のZhanjiangにスペシャリティケミカルのプラントを建設する計画があるようです。

トップ3

上位20社では、Ineos(4位), LG Chem(7位), Hengli Petrochemical(15位)が順位を大きく上げました。

順位を上げた企業

Ineosは、BPから化学品のビジネスを再統合させました。

LG Chemは、米国におけるSK innovationとの車載バッテリーを巡る紛争に和解し、18億ドルの現金と今後の売上の数%をロイヤルティーとして受け取ることで同意しました。

Hengli Petrochemicalは2020年に26位に登場し、今年はさらに順位を上げました。COVID-19のパンデミックに見舞われたにも関わらず、中国の石油化学企業の売上は上昇しました。この成長には、信じられない速さでのプラント建設が一つの要因であり、Hengliでは2020年に2つの大きなテレフタル酸の製造プラントをスタートさせました。さらにHuizhouでのテレフタル酸の製造ラインの拡張やDalianでの生分解性プラスチックの製造プラントを計画しています。

ランクインしている日本企業に大きな変動はありませんでした。多くの企業が売り上げを減らしている中、住友化学は微増の売上を記録していて、C&ENの記事の中では売上維持の理由には触れられていませんが、総評により農薬関係の販売が下支えしたのかもしれません。

今回のC&EN記事では、各社のプラントの写真がいくつか掲載されており、大変興味深い記事内容となっています。また、全50社に加えられているコメントも精錬されており、詳しい調査の上で書かれた記事であることが分かります。このケムスケニュースでは一部のみを翻訳していますので、ぜひオリジナルの記事も読んで欲しいと思います。

三菱ケミカルに関する内容の中ではマイクロ波化学との共同実証設備の建設についても触れられている。

C&ENの総評の通り、トップ50の業績とランキングの変動には、石油化学製品への打撃が顕著に表れているようです。そんな中でも初めてランクインしたり順位を大きく上げている中国企業のあり、存在感が増していることは確かです。ここから先は、サステナビリティを高めながら化学品を製造することが重要になってきますので、日本企業も技術を深化させて世界をリードしてほしいと思います。

関連書籍

グローバル・トップ50のケムステ過去記事

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  2. 国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得
  3. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  4. 「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正す…
  5. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  6. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  7. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のも…
  8. 「株式会社未来創薬研究所」を設立

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授
  2. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  3. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction
  4. 2012年イグノーベル賞発表!
  5. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  6. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  7. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)
  8. 創発型研究のススメー日本化学会「化学と工業:論説」より
  9. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  10. プリーストリーメダル・受賞者一覧

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP