[スポンサーリンク]

注目情報

ピックアップ記事

  1. 田中耕一 Koichi Tanaka
  2. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  3. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan
  4. フィル・バラン Phil S. Baran
  5. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  6. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  7. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  8. pre-ELM-11
  9. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  10. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP