[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

初めてTOEICを受験してみた~学部生の挑戦記録~

[スポンサーリンク]

hodaです。本記事は「学部生の挑戦記録」シリーズ第2弾です。前回の記事はこちら
先日、初めてTOEICを受験しに行きました。受験したことがある方はたくさんいらっしゃると思いますし、スペシャルなことでもなんでもないのですが、勉強のモチベーションのために記録に残したいと思います。

受験した理由

院試で使うことになるかもしれない、一度受けてみようと思い受験しました。とんでもなく怠けているつもりはありませんが、高校生の時が一番英語を勉強していたような気がしたので、早い段階でTOEICのスコアをとっておきたいとも思っていました。

使用した参考書

  • 単語帳 1冊
  • 厚めの文法書 1冊
  • リスニング対策 1冊
  • 長文対策の参考書 1冊
  • 模試2回分が付いている参考書 1冊

TOEICの参考書を買ってしまうと受験しなければいけなくなる気持ちになるので、モチベーションのためにもまずは参考書を買いました。ネットで参考書をリサーチし、大きめの本屋さんで中身をチェックして気に入ったものを選びました。単語帳は一度最後まで確認しましたが、覚えられた部分は半分いかないかもしれません。文法が非常に苦手なので、文法書については9割以上解きました。長文対策の参考書も半分以上は手を付けた、という状況です。模試2回分については、本番前々日に1回分、前日に1回分解きましたが、解説はあまり読んでいないです。この記事を書いて、5冊も購入したのに、どれも使いきれてないことに気が付きました。もったいない。
反省しています。

本番1週間前の私の行動

TOEIC対策のために買った参考書をすべて最後まで解けない気がしてきました。受験票に証明写真を貼らなければならないことに気が付き、証明写真を撮りに行きました。

本番当日の私の行動と感想

午前の回、午後の回があるのですが、午前の回を選択しました。なんとなくテストの3時間前には起床して、時間に余裕をもって家を出発し、受験地最寄りの駅から迷子になり、人の流れに乗って受験地にたどり着きました。私が受験した会場では、思ったよりも欠席の人が多かったため驚きました。久しぶりにテストを受けたので、緊張しました。

結果発表

受験して16~17日後に「結果が閲覧できます」といったメールが届いたので、結果を確認しました。この点数は超えてほしい、と思っていた点数は超えていましたが、あわよくば取れてほしいと思っていた点数は超えておらず、自分が甘いことに気が付きました。

初めてのTOEICを終えて

何度も受験するのはお財布が痛いので、できる限り受験回数は減らしたかったのですが、満足のいく点数は取れませんでした。反省点ばかりですが、いつもよりは英語を勉強したので悪いことばかりではなかったような気がします。

明確な反省点は2点あります。
まずは、受験を思い立ってから初めて受験するまでの期間が長すぎたことです。参考書を買ったのが9月や10月くらいで、受験したのは2月の終わりでした。準備期間がもう少し短い方が集中して勉強することにもなり、モチベーションが保てたのではないかと思います。
もう一つは目標得点が明確ではなかったことです。全く目標がなかったわけではありませんが、明確な目標点数を決めておいた方が効率よく勉強できたのではないかと思います。

以上私のTOEIC受験反省文でした。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ケムステ記事の関連リンク

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~
留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

関連書籍

記事冒頭の画像は写真ACから

hoda

投稿者の記事一覧

大学院生です。ケモインフォマティクス→触媒

関連記事

  1. フッフッフッフッフッ(F5)、これからはCF3からSF5にスルフ…
  2. 「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -…
  3. 未来の科学コミュニティ
  4. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  5. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコ…
  6. CEMS Topical Meeting Online 機能性材…
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編
  8. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護̶…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–
  2. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation
  3. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  4. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  5. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない
  6. ヘキサメチレンテトラミン
  7. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  8. UV-Visスペクトルの楽しみ方
  9. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  10. 第38回有機金属若手の会

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

GoodNotesに化学構造が書きやすいノートが新登場!その使用感はいかに?

みなさんは現在どのようなもので授業ノートを取っていますでしょうか。私が学生だったときには電子…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP