[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

  1. 「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

    コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を導入された企業の経営者に話をうかがったところ、興味深い話を聞いた。「結局のところ、オンラインでも対面でも、採用される人は同じだと改め…

  2. 島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

    さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

  3. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  4. 就活・転職・面接・仕事まとめ

    定期的にSpring転職エージェント(アデコ株式会社)に寄稿いただいている、「就活・転職・面接・仕事…

  5. 焦宁 Ning Jiao

    焦宁 (Ning Jiao、1976年5月13日–)は中国の有機化学者である。中国北京大学教授。…

  6. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ⑤ 最終回

  7. 創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO”選抜プログラムへの参加チーム募集中!

  8. 第四回ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」開催報告

  9. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ④

  10. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  11. メルクがケムステVシンポに協賛しました

  12. 岩田忠久 Tadahisa Iwata

  13. 太陽ホールディングスってどんな会社?

  14. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

  15. 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」

  16. ケムステVシンポ、CSJカレントレビューとコラボします

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スーパーブレンステッド酸
  2. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  3. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  5. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得
  6. 今さら聞けないカラムクロマト
  7. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP