[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

  1. 5/15(水)Zoom開催 【旭化成 人事担当者が語る!】2026年卒 化学系学生向け就活スタート講座

    化学系の就職活動を支援する『化学系学生のための就活』からのご案内です。化学業界・研究職でのキャリアを目指す2026年卒の学生さんに向けて、現役の人事担当者から貴重なアドバイスを直接聞けるチャンスです!2026年卒を対象に 【化学業界…

  2. 【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

    <求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

  3. 国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

    ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

  4. 大正製薬ってどんな会社?

    大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

  5. ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

    開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

  6. 第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

  7. 【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

  8. 【十全化学】新卒採用情報

  9. 【十全化学】核酸医薬のGMP製造への挑戦

  10. 十全化学株式会社ってどんな会社?

  11. リボフラビンを活用した光触媒製品の開発

  12. ユシロ化学工業ってどんな会社?

  13. 日本薬学会第144年会付設展示会ケムステキャンペーン

  14. 材料・製品開発組織における科学的考察の風土のつくりかた ー マテリアルズ・インフォマティクスを活用し最大限の成果を得るための筋の良いテーマとは ー

  15. 日本化学会 第104春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part3

  16. 日本化学会 第104春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  2. IRの基礎知識
  3. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  4. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ
  5. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  6. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  7. 高分子を”見る” その1

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP