[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

  1. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

    突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多いと思いますが、名前から何となく分かる通り、真空ポンプの会社です。オイルポンプは扱っておらずダイヤフラムポンプ専門です。日本代理店はと…

  2. 論文がリジェクトされる10の理由

    研究のデザインから投稿まで、寝る暇も惜しんで書き上げた論文。それが「残念ですが…」という型通りの手紙…

  3. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  4. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™

    化合物を合成して、精製し、純品の生成物ができたとき、どこかに保存すると思います。もしくは、反応がうま…

  5. 研究助成金を獲得する秘訣

    研究助成金の縮小に伴い、獲得競争は激しさを増している。Nature は米国NIH グラントを例に、助…

  6. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

  7. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)

  8. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる

  9. HTTPS化とサーバー移転

  10. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募

  11. ニセ試薬のサプライチェーン

  12. どっちをつかう?:adequateとappropriate

  13. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合・オキシインドール・遠隔不斉誘導・ビアリールカップリング

  14. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

  15. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

  16. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis
  2. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction
  3. English for Writing Research Papers
  4. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  5. 化学物質恐怖症への処方箋
  6. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  7. 書物から学ぶ有機化学 1

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP