[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

    化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外分光光度計)が発売され、先日デモをしましたので紹介させていただきたいと思います。その名も、「IRSpirit」。大変コンパクトなのに…

  2. 渡辺化学工業ってどんな会社?

    私たちの体のたんぱく質や最近よく聞くペプチドなどの最小構成成分である“アミノ酸”。アミノ酸は私たちの…

  3. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  4. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

    研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

  5. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

    パラジウム触媒を用いた芳香族ボロン酸を基質とするCatellani反応が報告された。ホスフィン配位子…

  6. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?

  7. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表

  8. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

  9. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

  10. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン

  11. 太陽ホールディングスインターシップ

  12. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

  13. 太陽ホールディングスってどんな会社?

  14. 模型でわかる【金属錯体型超分子】

  15. 最新有機合成法: 設計と戦略

  16. 第45回BMSコンファレンス参加者募集

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ここまで来たか、科学技術
  2. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  3. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  4. ノッド因子 (Nod factor)
  5. 書物から学ぶ有機化学 2
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  7. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glycosynthase (Endo-M-N175Q)

注目情報

最新記事

ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

PAGE TOP