[スポンサーリンク]


2016年 3月

  1. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る

    https://vimeo.com/58293792まずはこの動画をご覧ください。これは熱帯~亜熱帯域に生息するサフィリナという生き物の映像です。美しい青色で光ったかと思えば、一瞬で姿を消したりします。あ…

  2. 有機合成テクニック集[ケムステ版]

    スタッフの多くが有機合成を専門としている事情から、ケムステには有機合成化学領域の記事が豊富に存在して…

  3. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

    第26回のスポットライトリサーチは、九州大学 先導物質化学研究所(永島研究室)・野田 大輔 学術研究…

  4. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100

    内容世界で通用する論文にブラッシュアップ! どんなに優れた研究内…

  5. トイレから学ぶ超撥水と超親水

    「水と油の関係」といえば、慣用句として通じるくらい一般的な現象ですね。両者は相容れない性質の違いによ…

  6. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素

  7. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

  8. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明

  9. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~

  10. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  11. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜

  12. 誤った科学論文は悪か?

  13. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【Vol.1】研究室ってどんな設備があるの? 〜ロータリーエバポレーター〜
  2. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  3. howeverの使い方
  4. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  5. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  6. ダイヤモンドライクカーボン
  7. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP