[スポンサーリンク]

一般的な話題

ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜

[スポンサーリンク]

去年の9月から大学院へ入学し,半年ほどが過ぎました.本海外大学院シリーズは以下参照。

先日”visitation weekend“なる,来年度入学候補生の施設見学&二次面接がありました.このことについては渡航編でも書きましたが,今度は学生を迎える側に立ったので実際の選考過程を目の当たりにすることができました.それに際して改めて分かったことを書こうと思います.これからvisitationに行く方は参考にしてください.

*あくまで聞いた話と自分の所属機関の情報を統合した上で書いている話なので,状況は大学によって異なるということを念頭において読んでください.

 

visitation weekendとは?

合格者を対象として大学が主催し,大学や研究室に足を運んで様子を知ることのできるイベントです.大学によってはこれが二次面接を兼ねている場合があります.とはいえ,試験を兼ねていたとしても大体の場合は非常にリラックスした雰囲気で,visitationの2-3日間は毎晩パーティーです.大学側も優秀な学生が欲しいのでホテル代,食事代などはほぼ全て出してくれます.渡航費に関しては$300までというところが多いようです(そもそも国内の学生向けにデザインされたイベントなので).

 

選考基準

visitatin weekendの話の前に一次の書類選考がどうなっていたか書いていきます.GPAが重要なのか,推薦状が大事なのか.エッセイが大事なのか,出願時はどれに重きを置いているのかいまいち不明でしたが,中から見ていると大分はっきりしてきました.

一番大事なのはやはり推薦状のようです.合格者を見ていると必ずしも大御所の研究室出身というわけではないですが,アメリカのトップスクールに合格している人たちを見ているとビッグネームから最低1通は推薦状をもらっているようです.また自分のPIからの推薦状はPIが有名かどうかにかかわらず,かなり重きを置かれます.自分のPIが英語で推薦状を書くことに慣れていない場合は書き方のわかる人に添削をお願いすることを強くお勧めします.

GPAに関しては少しおもしろいことがわかりました.基本的には皆 >3.6を持ってきますが,大学によってGPAのつけ方が異なることはみな理解しているので,異なる大学間でGPAを比べることはしません.なのでここでGPA 2.9とかいうぶっ飛んだ値をたたき出してくるとかなり目立ちます.GPAが低いだけではただのアホですが,これで推薦状が最強(実際にこういう人がいました)だと教授たちの目に止まり,”こいつはおもろいに違いない!”となります.visitationで面談したとき実際に自分がおもろいやつだということを教授にわからせることができれば取ってもらえる可能性がぐっと上るでしょう.

奨学金の有無は大学そのものの合否には少しだけ影響するようです.ラボに実際にとってもらえるかどうかは,奨学金を持っている人からとってもらえるといっても過言ではないほど関係します.教授も奨学金を持っているとわかるやいなや,テノヒラクルーで執拗に勧誘してきたりします.またラボに入った後の教授からの風当たりも奨学金を持っている人へはかなりマイルドです.持ってない人は”払った分,返してもらおかぁ?”という感じで働いてます.

また,出身研究室もラボを選ぶ時点で少し関係するようです.仲の悪い研究室の学生はあまりとりたくない,仲のいい研究室の学生はとりたがる(メンツを保つために),コネを作りたい研究室出身の学生はとりたがるなどなど.完全にチンピラの”アァン?お前どこ中出身だよ?エ?!○○中?!△△先輩の知り合いじゃないっすかぁ〜!”状態です.あまり関係ないですが,有名研究室出身だと”どこ研出身?”という話になった時に話に花が咲いて友達が作りやすかったというのはありました.

エッセイはロクでもないことを書いていない限り差をつけにくいようです.また,GRE,TOEFLはやはり足切り程度でした.

 

二次面接の合格率

さて,肝心のvisitation weekendですが,ここに来た学生は95%の確率でofficial offerをもらえます(visitationに呼ばれる前にofficial offerをもらえることもあります).弾かれるのがあくまで”crazy”な学生だけです.ここで5%は落ちるのか!と思うかもしれませんが,ここで落ちるのは本当に,本当にcrazyなやつだけです.例えば学生相手にも教授相手にも超上から目線で訳わからない質問をし,大学院辞めてえとかいってくるやつ,友達を銃で撃ってみたいと思ったことはないか?とかいってくるやつ(本当にいた)とか,文字通りcrazyなやつらが本当にいるんです.普通にお行儀よくしていれば落ちることはありません.

 

研究室配属

ただし,実際に希望の研究室に入れるかどうかの競争のことになると話は変わってきます.まずどの教授もほぼ間違いなくvisitationに来た学生から優先的にとります.

次にラボの学生とのさりげない交流がかなり効いてきます.というのもvisitation weekendが終わった後,Graduate officeが学生に対して誰が良かったか,悪かったかアンケートをとります.主にはcrazyなやつ弾きのためですが,Graduate officeも学生の意見をかなり尊重していることが伺えました.例えば学生が自分の研究の紹介をする中で”ここはどうなると思う?”とさりげなく質問してきた場合,ここでの答えは重要な判断材料にされます.”今の研究室ではどんなことやっているの?”と聞かれた時も要注意です.1分程度で相手にわかりやすい説明ができるようにしておきましょう.夕食会や二次会での会話の受け答えでさえ判断材料にされます.酔っ払ってるから覚えてないだろwと思いきやかなり鮮明に覚えられているので気が抜けません.実際,visitation weekendが終わった後に”○○大から来たあいつは良かった,悪かった”という話が学生の間でかなり話題になります.

PIにもよると思いますが,うちのPIは今いる学生と新入生のノリが合うかをかなり気にします.なので学生ほぼ全員に誰が良かったかをとても詳しく聞いて回ります(はっきり言って学生がでしゃばりすぎな気がしなくもないですが).自分の行きたいラボが決まっている場合は,なるべく多くのそこにいる学生と交流し,いい印象を与えられるように頑張りましょう.

とはいえ,visitationは全体的にお祭りな雰囲気です.アメリカの大学を色々回るというのもそうそうない機会なので楽しむことも大切です.羽目を外しすぎない程度に楽しんでください.

 

関連書籍

関連記事

  1. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  2. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~
  3. ボロールで水素を活性化
  4. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!
  5. C-H酸化反応の開発
  6. 複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明
  7. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase
  8. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フェノールのC–O結合をぶった切る
  2. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  3. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  4. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  5. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  6. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  7. エコエネルギー 家庭で競争
  8. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授
  9. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  10. パーキン反応 Perkin Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP