[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

第九回目は若手化学者の登場。これまでのインタビューで最年少者となります。第二回目の伊丹健一郎先生からのご紹介で、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻野崎研究室講師の山下誠先生です。山下先生とは私的にもお世話になっており非常にアクティブな先生であり、昨年日本化学会進歩賞、今年はBanyu Chemist Awardを受賞している独立直前の注目研究者です。タイトルにもあるように「石油化学に変革を目指す」と大きな夢を持っています。それではインタビューを御覧ください!

 

Q. あなたが化学者になった理由は?

もちろん格好いいからです!自分の人生の中で化学者の格好良さ(=印象)は時と共に変わってきていますが。
小学校低学年の頃:「化学者=フラスコで怪しい液体を混ぜて新しいものを作り出す人」というイメージ。
小学校高学年の頃:「ジキル博士とハイド氏」を読んで高揚、?カッコいいじゃないか!と印象が変わる。
中学校の頃:ブルーバックスなどで低温物理と新しい元素の発見に関する本で興奮。
高校生の頃:化学の授業、単体Naによる水柱・無機定性分析・高分子合成・有機化学の溶媒抽出に心を奪われる。最終的にこの時点で化学者になることを決めました。
大学に入って以降は学部・修士・博士・ポスドクを経由している間に「どんな化学者になるか?」というイメージが変遷してきましたが、自分が将来化学者になる時のために現在何をやるか、を中心に考えて生きてきました。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

今すぐ無条件で何かになれるなら間違いなく宇宙飛行士になります。理由は一つ、昔から憧れている宇宙に行きたいから。宇宙の神秘とかいう意味ではなく、単純に微小重力空間、大気圏外に身を置いてみたいだけです。
小さい頃から宇宙には興味がありました。ガンダムのプラモデルを作ったことはありませんが、スペースシャトルのプラモデルは作りました。宇宙に興味を持った理由は間違いなく、学研から出ていた「ひみつシリーズ」の「宇宙旅行・スペースシャトルのひみつ」という本の影響です。今でも東大に所属していることを良いことに、野口さんや山崎さんが東大を訪問する際は「休憩」をとって見に行っています。
実は2008年 度の宇宙飛行士公募も受けたのですが、残念ながらさすがに500倍の倍率は突破できませんでした。50/1000人までは行ったんですけどね。しかしこの時に最終合格した宇宙飛行士候補者の方、他の受験者、宇宙飛行士でもある面接官との対話は自分の中で良い経験となっています。
また、他にも裁判官や議員になってみたいですね。未だに裁判員の呼び出しがかからないのですが、早く行ってみたいものです。

astronaut-big

 

 

Q. 現在、どんな研究をしていますか?また、どのように展開していきたいですか?

最終的にはエネルギー面で石油化学の変革を起こすための均一系触媒反応の開発を目指しています。そのための手段として、ボリルアニオン類の化学の探索、熱安定性の高い新規錯体触媒の開発を行っています。
前者は、通常ルイス酸として利用されるホウ素化合物を、金属と強引に結合させることでルイス塩基として振る舞うホウ素化合物へと変身させる研究です。ホウ素配位子は非常に電子供与性が高いことが知られているため、ホウ素を有する錯体を用いて炭化水素の末端CH結合を選択的に官能基化することを夢見ています。
また、後者では多座配位子を有する錯体群が非常に高い熱安定性を有することを利用して、既存の触媒反応の超高効率化、複数段階の触媒反応の短工程化などを行っています。またこれらに加え、炭化水素の末端選択的官能基化などの超高難度反応の開発も視野に入れた検討を進めています。
今後の展開は上記目標に向かって近づくことが展開です。新しい展開があるとすれば、それは「石油化学の変革」に変わる目標を自分が見つけたときになると思います。現段階で頭の中には「石炭」をなんとかしたいという想いはありますので、そのうち・・・

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

化学者ではLinus Pauling, Herbert. C. Brown, Geoffrey Wilkinson, John K. Stilleですね。Paulingとは結合論について深く深く語りたいなあ。現代の我々は結合に対してまだまだ理解が足りないなあと感じていますから。H. C. Brownには自分たちの合成した求核的ホウ素アニオンを見せて、ホウ素の大家の意見を聞いてみたいです。求核的ホウ素アニオンはホウ素化学者なら誰もが一度は作りたいと考える化合物であったということを聞いていますし、自分たちが作ったものは確かにホウ素アニオンだがまだまだ多くの制限を 持つため、これの限界を超えるモノを作りたいということ、が理由です。
WilkinsonとStilleとは、彼らの死後、21世紀に知られた均一系触媒の最先端の知見を彼らと共有した後に、均一系触媒の未来とその可能性、について熱く語りたいと思います。
化学者以外であれば、Isaac NewtonとCarl F. Gaussを挙げさせてもらいます。大学生の頃、もしこれらの人々がいなかったら現代の生活を成り立たせるための全てのサイエンスが無くなるなあ、と考えてました。会えるならその時点で彼らが問題にしていたことを共有して一緒に問題解決を図ってみたいです。結局科学者になってしまいましたが、他の「いわゆる」歴史上の人物にはあまり興味がないかもしれません。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

合成実験に関しては、三ヶ月ほど前にPd錯体触媒による有機化合物のカルボニル化を仕込んで全くうまくいかなかったのが最後です。測定については昨日含ホウ素化合物の単結晶X線構造解析を行ったことですね。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽だとHelloweenでしょうか。十数年前までならX Japanを選択していたかもしれません。私の音楽を聴く耳というのは、これらのグループの共通点でもあるツインリードギターに染まりきってしまっています。高校生の頃はモテたいがために自分でもギターを弾いていたので少しは耳が慣れており、今でも時々はツインリードギターを頭の中で分離して聴いています。(モテたのかどうかは聞かないように。)
本を選ぶのは難しいですね。師匠のJohn F. Hartwigが最近出版した”Organotransition Metal Chemistry:From Bonding to Catalysis”と言いたい所ですが、無人島に行ってまで化学はやらないと思うので、ここはあえて、神戸女学院大学文学部の内田樹先生の著書を読みつつ自分の人生と社会のことを考える、ことにします。

 

Q. 次にインタビューをして欲しい人を紹介してください。

中尾佳亮先生@京都大学工学系研究科材料化学専攻
若宮淳志先生@京都大学化学研究所
中西尚志先生@物質・材料研究機構
春田正毅先生@首都大学都市環境
水野哲孝先生@東京大学工学系研究科応用化学専攻
宮脇敦史先生@理研
瀬川浩司先生@東京大学生産技術研究所
などでしょうか。最初の若い先生二人は近い分野におけるバリバリのやり手です。中西先生はお話したことはありませんが注目している若手です。春田先生と水野先生は自分が目指している工業触媒を最先端で研究している大家です。宮脇先生と瀬川先生は分野が違いますが、講演を聴いた時に自分の気持ちが熱くなってきた先生方です。

関連リンク

 

山下 誠講師の略歴

yamashita_makoto山下 誠

東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻講師。2002年広島大学大学院理学研究科博士課程修了後、日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻助手となる、2008年同講師となり現在に至る。2009年日本化学会進歩賞、文部科学大臣表彰若手科学者賞、2010年にはBanyu Chemist Awardを受賞。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 …
  2. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  3. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Stev…
  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  5. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  6. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  7. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  8. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する –…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を発売
  2. アルミニウムで水素分子を活性化する
  3. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  4. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  5. 最近の有機化学注目論文3
  6. Cell Pressが化学のジャーナルを出版
  7. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  8. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  9. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  10. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP