[スポンサーリンク]


2018年 11月

  1. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

    第173回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ・大高潤之介 博士にお願いしました。最近は目立った報告が少なくなりつつある天然資源からの生物活性物質の単離・構造決定、い…

  2. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい

    試薬を購入する際、各社のカタログで試薬自体が販売されているのか、価格がいくらなのか探しますね。カタロ…

  3. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

    シラ-N-ヘテロ環を含む多環式化合物の新奇構築法が見出された。遷移金属触媒を用いず多環式化合物を合成…

  4. 親水性ひも状分子を疎水性空間に取り込むナノカプセル

    第172回目のスポットライトリサーチは、山科雅裕 (やましな まさひろ)博士にお願いしました。…

  5. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成

    置換シクロヘキサンの新たな立体選択的合成法が報告された。頻出の構造であるシクロヘキサン合成の新戦略と…

  6. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

  7. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成

  8. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

  9. 専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

  10. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

  11. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

  12. 北エステル化反応 Kita Esterification

  13. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

  14. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

  15. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  16. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  2. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  3. 青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~
  4. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  5. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group
  7. メタンハイドレートの化学

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP