[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

[スポンサーリンク]

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学シカゴ校教授 (写真:EurekaAlert!)。

経歴

1978 Kuban State University 卒業
1984 Latvian Institute of Organic Synthesis 博士号取得
1986-1991 Latvian Institute of Organic Synthesis グループリーダー
1992-1994 東北大学 博士研究員
1995 CNR, Bologna 客員教授
1996 東北大学 助教
1997-1999 東北大学 准教授
1999-2003 イリノイ大学シカゴ校 准教授
2003-現在  イリノイ大学シカゴ校 教授

受賞歴

2008 UIC Researcher of the Year
2012 Honorary Professor of St. Petersburg State University
2012 Distinguished Professor of Liberal Arts and Sciences
2012 University Scholar (University of Illinois)
2014 Visiting Professor, Sorbonne Universities, Paris
2015 Lilly Lectureship at Imperial College London
2016 Foreign Member of Latvian Academy of Sciences

研究概要

触媒的合成法の開発および複雑化合物合成への応用を目指した研究を継続している[1]。

パラジウムを用いる光触媒過程の発見[2]

Pd(0)とヨウ化アリール共存下に光照射することで、アリールパラジウムラジカル種を生成させ、ラジカル―遷移金属ハイブリッド型の反応性を開拓することに成功している。

関連論文

  1. “Author Profile – Vladimir Gevorgyan” Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 6562. doi:10.1002/anie.201201015
  2. (a) Parasram, M.; Chuentragool, P.; Sarkar, D.; Gevorgyan, V.* J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 6340. DOI: 10.1021/jacs.6b01628 (b) Parasram, M.; Chuentragool, P.; Wang, Y.; Shi, Y.; Gevorgyan, V. J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 14857. DOI: 10.1021/jacs.7b08459 (c) Ratushnyy, M.; Parasram, M.; Wang, Y.; Gevorgyan, V. Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 2712. doi:10.1002/anie.201712775¥

ケムステ関連記事

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  2. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  3. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  4. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  5. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  6. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI
  7. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  8. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売
  2. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  3. 転位のアスレチック!(–)-Retigeranic acid Aの全合成
  4. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  5. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  6. 有機アジド(2):爆発性
  7. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  8. 金属-金属結合をもつ二核ランタノイド錯体 -単分子磁石の記録を次々に更新-
  9. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  10. スナップタグ SNAP-tag

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

【書評】元素楽章ー擬人化でわかる元素の世界

元素の特性に基づくキャラクターデザインとフィクションの要素を融合させ,物語にまで昇華させた,待望…

デルゴシチニブ(Delgocitinib)のはなし 日本発の非ステロイド系消炎外用薬について

Tshozoです。 小さいころ法事などの集まりで爺様方が集まってやれ体の不調だの通院だのと盛…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP