[スポンサーリンク]

一般的な話題

シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい

[スポンサーリンク]

試薬を購入する際、各社のカタログで試薬自体が販売されているのか、価格がいくらなのか探しますね。カタログをペラペラめくっていたのは今は昔。PCもしくはスマートフォンで各社の試薬情報ウェブにアクセスするのが現状です。そのため、各試薬会社も自前の試薬検索エンジン環境を整備し、ユーザーが検索しやすいように工夫しています。

さてこの度、シグマアルドリッチの試薬検索サイト「構造式カタログ」の機能がアップグレードしたらしいので基本的な検索方法から紹介させていただきたいと思います。

【基礎編1】まずは欲しい化合物を化合物名から検索しよう!(製品名部分一致)

ページトップの検索ウィンドウ。こちらは「製品名の部分一致検索」に対応しています。

例えば、ピリジン環を鈴木-宮浦カップリングで導入するためのビルディングブロックを探しているとしましょう。

検索ウィンドウに、pyridin boronicと入力すると…

シグマアルドリッチで取扱いのある約70,000品目の中から、該当製品がヒットし、構造式で一覧することができます。

該当製品は、製品名または分子量で並べ替えが可能です。

<ポイント>

製品名の部分一致検索が可能

ブランクはAND検索に対応

製品名(アルファベット順)または分子量で並べ替えが可能

【基礎編2】欲しい化合物をカテゴリから探してみよう!(カテゴリ検索)

ページ左部のカテゴリ。こちらをクリックすると、カテゴリで製品を絞り込むことが可能です。例えば、イオン液体を探している場合、カテゴリのIonic Liquidsをクリックすると…

該当製品を一覧表示することが可能です。

さらに、イミダゾリウム系のイオン液体を探している場合、サブカテゴリのImidazoliumをクリックすると、絞込みが可能です。

なお、基礎編1で紹介した製品部分一致検索と併用することもできます。サブカテゴリまで指定した状態で、検索ウィンドウにchlorと打ち込めば、アニオン=Cl-のイミダゾリウム系イオン液体の一覧を表示可能です。

<ポイント>

  • カテゴリから該当製品を絞り込むことが可能
  • サブカテゴリでさらに製品を絞り込むことが可能
  • カテゴリ検索は製品部分一致検索と併用が可能

【基礎編3】新製品や開催中のキャンペーンから探してみよう!

新しい化合物を世の中に送り出し続けるシグマアルドリッチ。新製品の構造式をボタンひとつで一覧することが可能です。こちらのボタンをクリックしてみましょう!また新製品の中から、目的化合物を製品名部分一致や、カテゴリ検索を駆使して絞り込むことが可能です。例えば、新製品一覧から検索ウィンドウにfluorと入力すると…

フッ化化合物の新製品を一覧することが可能です。

同様に、キャンペーンが開催中の時は、キャンペーン対象製品を一覧表示することが可能です。新製品と同じく、製品部分一致やカテゴリでさらに絞り込むことができます。

<ポイント>

  • 「新製品を探す」ボタンから、新製品を一覧表示できる
  • 新製品一覧は、製品部分一致やカテゴリによりさらに絞り込める
  • キャンペーン対象製品も一目で分かり、絞り込める

【基礎編4】絞り込んだ製品一覧はPDF化が可能。自分だけのミニカタログが完成!

製品名部分一致、製品カテゴリ、新製品、開催中のキャンペーン。これらのフィルタを組み合わせて製品を絞り込むことができます。

構造式カタログはこれだけでは終わりません。絞り込んだ製品一覧を、PDF化することが可能です。

ページ右上、または、ページ最下部の「PDFに書き出す」ボタンを押すとPDFとしてダウンロードが可能になります。

また、PDFには各製品ページへのリンクが埋め込まれているため、価格・在庫状況も簡単に確認することができます。

PDF化は表示されている先頭の化合物から最大200件まで。例えば、5ページ目を表示していた時にPDF化すると…

5ページ目の先頭から200件がPDF化されます。

条件を駆使して目的の化合物を絞り込み、自分だけのオリジナルミニカタログを作成しましょう!

<ポイント>

  • 絞り込んだ製品一覧はPDF化が可能。
  • 各製品ページのリンクが埋め込まれています。
  • PDF化できる製品は表示されている先頭の化合物から200件まで。

【応用編】セレンディピティを求めて

昨今、デジタル化が進んだことで、長らく好評を頂いていたAldrichの冊子版カタログは、惜しまれつつも廃版となってしまいました。

デジタル化による高い検索性も魅力的ですが、分厚いカタログに載っている化合物を眺めて、一見関係の無いと思っていた分子構造から、予想すらしていなかった研究のアイデアを得る。そのセレンディピティの機会をなんとか提供できないか、そんな想いからこの構造式カタログは開発されました。

シグマアルドリッチの新製品を定期的に巡回するもよし、キャンペーンで何か安く購入できないか眺めるのもよし。メタセシス合成用のルテニウム触媒を一覧表示して先人の知恵に想いを馳せるのもよし。

構造式カタログの応用的な使い方。それは、研究に、もっと「セレンディピティ」を。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「極ワイドギャップ半導体酸化ガリウムの高品質結晶成長」– カリフ…
  2. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  3. 巻いている触媒を用いて環を巻く
  4. 金属を使わない触媒的水素化
  5. 祝100周年!ー同位体ー
  6. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系…
  7. 細胞が分子の3Dプリンターに?! -空気に触れるとファイバーとな…
  8. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~
  2. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  3. ケムステイブニングミキサー2018ー報告
  4. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現
  5. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  6. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  7. 合成生物学を疾病治療に応用する
  8. 岸義人先生来学
  9. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  10. Carl Boschの人生 その1

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP