[スポンサーリンク]


2022年 2月

  1. アレックス・ラドセヴィッチ Alexander Radosevich 

    アレクサンダー・・ラドセヴィッチ (Alexander T. Radosevich、1980年11月1日–)は米国の有機・無機化学者である。マサチューセッツ工科大学准教授。経歴2002 ノートルダム大学 卒業2007 カルフォル…

  2. 群ってなに?【化学者だって数学するっつーの!】

    分子の対称操作は群をなします。この記事では、一般的な科学の教科書には書かれていない「群とはなにか」と…

  3. 自分の強みを活かして化学的に新しいことの実現を!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー④】

    2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

  4. 金属・ガラス・製紙・化学・土石製品業界の脱炭素化 〜合成、焼成、溶融、精錬、乾燥へのマイクロ波適用〜

    <内容>本セミナーでは、CO2排出量の多い業種を主な対象とし、脱炭素化に向けた各プロセスへのマイ…

  5. 第170回―「化学のジョブマーケットをブログで綴る」Chemjobber

    第170回の海外化学者インタビューは、Chemjobberです。産業界で働きながら、化学のジョブマー…

  6. Process Mass Intensity, PMI(プロセス質量強度)

  7. ポンコツ博士の海外奮闘録 〜留学サバイバルTips〜

  8. 上田 実 Minoru Ueda

  9. オルガネラ選択的な薬物送達法:②小胞体・ゴルジ体・エンドソーム・リソソームへの送達

  10. アルコールのカップリング、NHC塩がアルとおコール

  11. 水溶性ニッケル塩を利用したグリーンな銅ナノ粒子合成法の開発

  12. 第169回―「両性分子を用いる有機合成法の開発」Andrei Yudin教授

  13. アザヘテロ環をあざとく作ります

  14. オルガネラ選択的な薬物送達法:①細胞膜・核・ミトコンドリアへの送達

  15. 塩基の代わりに酸を使うクロスカップリング反応:X線吸収分光が解き明かすルイス酸の役割

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界
  2. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  3. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)
  4. MEDCHEM NEWS 32-1号「機械学習とロボティックス特集」
  5. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav Friščić教授
  6. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  7. エチレンを離して!

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP