Search results for - ベンザイン

  1. ヘテロベンザイン

    有機化合物の化学的性質を、効果的に変える手法の一つとして、「化合物中の炭素原子を他の元素に置換する」アプローチが、長年、注目・開発されてきました。例えば、ヘテロ原子を芳香環骨格に導入することで、化合物の芳香族性やHOMO及びLUMO…

  2. ベンザイン Benzyne

    概要ベンゼンから水素原子を二つ取り除いたジデヒドロベンゼンを俗にベンザインと呼ぶ…

  3. 有機合成化学協会誌2024年1月号:マイクロリアクター・官能基選択的水和・ジラジカル・フルオロフィリック効果・コバレントドラッグ

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年1月号がオンライン公開されています。…

  4. パラトーシスを誘導する新規化合物トリプチセンーペプチドハイブリッド(TPHs)の創製

    第403回のスポットライトリサーチは、東京理科大学大学院 薬学研究科薬科学専攻 青木研究室に在籍され…

  5. 立体障害を超えろ!-「London分散力」の威力-

    第336回のスポットライトリサーチは、福元豊 さんにお願いしました。化学反応の選択性は、無数…

  6. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

  7. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

  8. タイに講演にいってきました

  9. アラインをパズルのピースのように繋げる!

  10. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

  11. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する

  12. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  13. アライン種の新しい発生法

  14. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する

  15. 有機って面白いよね!

  16. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  2. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  3. 海の生き物からの贈り物
  4. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  5. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ
  6. 従来のペプチド合成法に替わるクリーンなペプチド合成法の確立を目指して―有機電解反応を利用したペプチド合成法の開発―
  7. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ

注目情報

最新記事

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP