[スポンサーリンク]

ケムステニュース

眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー

アントシアニン来月になるとブルーベリーが出回ってくる。甘味が少ない果物だが、ヨーグルトとメープルシロップをかけて食べるとおいしい。
 必須栄養素とファイトケミカル(植物化学物質)を豊富に含んでいて、1カップ食べると、ビタミンC、カリウム、ケイ素は1日当たりの摂取勧告量の3分の1が取れる。ファイトケミカルは青紫の色素のアントシアニンを極めて高濃度に含んでいる。0.1~0.25%がアントシアニンなのだ。


 アントシアニンは1つの物質名ではなく、数種類のフラボノイド(抗酸化作用の強い植物成分)の総称で、働きも1つではない。多くの作用でわれわれの健康を支える重要な働きをしてくれることがわかっているので、ブルーベリーの季節にはできるだけ食べたい。(引用:ゲンダイネット)

 アントシアニンは基本的に色鮮やかな果物等に含まれる色素です。置換基や水酸基、pHの違いによって色が異なります。

関連書籍

アントシアニン―食品の色と健康


?

?

驚くべき目の特効成分!ブルーベリー視力回復法―近視、老眼から白内障、緑内障、網膜剥離に効くアントシアニンの速効パワー

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オカモトが過去最高益を記録
  2. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  3. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  4. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  5. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12…
  6. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  7. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  8. EUで化学物質規制のREACHが施行

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  2. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  3. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々
  4. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  5. ボルテゾミブ (bortezomib)
  6. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  7. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  8. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  9. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  10. 植物性油の再加熱によって毒物が発生

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP