[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Tshozo

メーカ開発経験者(電気)。56歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

  1. Tattooと化学物質のはなし

    Tshozoです。昔から大した根性も無いのにヤクザ映画に憧れ、軽妙なエッセイなどを出していた九州の某3代目組長とかの人となりを調べることに凝った時期があります。平野耕太さんの巻末描下し漫画で描かれている組長くらいでやめときゃよかったのに…

  2. 飲むノミ・マダニ除虫薬のはなし

    Tshozoです。先日TVを眺めていて「かわいいワンちゃんの体をダニとノミから守るためにお薬を飲ませ…

  3. 痔の薬のはなし after

    Tshozoです。以前こういう痛々しい話を書いたのですが、その後若干の再発はみたものの何とか…

  4. パーフルオロ系界面活性剤のはなし 追加トピック

    Tshozoです。先日ある方から下記のような話を耳にしました。欧州主要メディアでほとんど公表…

  5. Inpriaとは? ~フォトレジスト業界の重要トピック~

    Tshozoです。昨年ゴム事業がENEOS殿に移り、ついに半導体をはじめとした先端技術材専門…

  6. ピレスロイド系殺虫剤のはなし

  7. エキノコックスにかかわる化学物質について

  8. 忍者はお茶から毒をつくったのか

  9. 3Mとはどんな会社? 2021年版

  10. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質

  11. ナイロンに関する一騒動 ~ヘキサメチレンジアミン供給寸断

  12. Carl Boschの人生 その10

  13. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その3

  14. キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

  15. 兄貴達と化学物質+α

  16. 銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  2. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  3. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授
  4. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する
  5. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  6. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理
  7. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

PAGE TOP