[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Tshozo

メーカ開発経験者(電気)。56歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

  1. ミツバチに付くダニのはなし

    Tshozoです。先日西日本の書店でようやくトマトスープさん作「天幕のジャードゥーガル」を見つけて購入しホクホクしておったところ、興味深い本を見つけました。著作者の方が農学者ではない(東繁彦氏・一橋大学商学部卒業、学士(商学)、…

  2. ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

    Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよ。https://…

  3. 二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

    Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

  4. 常温常圧アンモニア合成~20年かけて性能が約10000倍に!!!

    Tshozoです。先日ChemRxivに、東京大学西林研究室による最新の触媒成果が発表されました…

  5. 『鬼滅の刃』の感想文~「無題」への回答~

    Tshozoです。決して流されまいと思って読んでいなかった吾峠呼世晴さん作「鬼滅の刃」。しか…

  6. Tattooと化学物質のはなし

  7. 飲むノミ・マダニ除虫薬のはなし

  8. 痔の薬のはなし after

  9. パーフルオロ系界面活性剤のはなし 追加トピック

  10. Inpriaとは? ~フォトレジスト業界の重要トピック~

  11. ピレスロイド系殺虫剤のはなし

  12. エキノコックスにかかわる化学物質について

  13. 忍者はお茶から毒をつくったのか

  14. 3Mとはどんな会社? 2021年版

  15. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質

  16. ナイロンに関する一騒動 ~ヘキサメチレンジアミン供給寸断

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式
  2. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  3. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  4. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた【2020/8/11更新】
  5. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー
  6. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  7. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発

注目情報

最新記事

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

PAGE TOP