[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Tshozo

Tshozo

メーカ開発経験者(電気)。56歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

  1. 「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 1

    Tshozoです。スタジオジブリの名作「天空の城ラピュタ」。この映画を観た人なら必ずやる、登場人物の台詞を全部覚える行為。全部で何十回と見直したのでビデオテープが伸びまくってしまい結局バイトして2回VHSを買い直したのですが、その中…

  2. 痔の薬のはなし 真剣に調べる

    Tshozoです。4人きょうだいの一番下で甘やかされ精神年齢が低いまま育ったせいか、今でも実…

  3. Carl Boschの人生 その7

    Tshozoです。前回のつづき早速いきます。少し調査量が増えたためペースを見誤っていますが通常運転で…

  4. Carl Boschの人生 その6

    Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

  5. 低温低圧・常温常圧窒素固定の反応開発 最新情報サマリー その1

    Tshozoです。これまでに窒素固定の記事を色々書いてきましたが、今回最新動向を踏まえまとめてみるこ…

  6. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし

  7. Carl Boschの人生 その5

  8. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ

  9. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

  10. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

  11. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1

  12. Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

  13. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について

  14. ショウリョウバッタが吐くアレについて

  15. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

  16. JCRファーマとはどんな会社?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage
  2. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  3. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号
  4. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  5. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  6. 春季ACSMeetingに行ってきました
  7. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP