[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

独化学大手メルクの日本法人、メルク(東京・目黒)は日本での医薬品事業を統合する。2006年4月に新会社「メルクファーマ」を設立、日本法人と系列後発品医薬品会社に分かれていた医薬品事業を統合する。現在発売予定の抗がん剤などに備え、医薬事業の基盤を強化する。(引用:日本経済新聞社)

この間、バイオックス訴訟があったのは米メルクで、元は同じですが別会社です。萬有製薬のバックについているのも米メルクです。医薬品事業というと日本では米メルクが思い浮かびますね。化学系の方で試薬やTLCなどのクロマトグラフィーを使っている方に馴染み深いのは独メルクです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  2. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  3. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  4. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  5. 112番元素が正式に周期表の仲間入り
  6. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  7. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  8. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  2. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  3. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement
  4. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  5. タキサン類の全合成
  6. Purification of Laboratory Chemicals
  7. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  8. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  9. ケージド化合物 (caged compound)
  10. 計算化学記事まとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP