[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

独化学大手メルクの日本法人、メルク(東京・目黒)は日本での医薬品事業を統合する。2006年4月に新会社「メルクファーマ」を設立、日本法人と系列後発品医薬品会社に分かれていた医薬品事業を統合する。現在発売予定の抗がん剤などに備え、医薬事業の基盤を強化する。(引用:日本経済新聞社)

この間、バイオックス訴訟があったのは米メルクで、元は同じですが別会社です。萬有製薬のバックについているのも米メルクです。医薬品事業というと日本では米メルクが思い浮かびますね。化学系の方で試薬やTLCなどのクロマトグラフィーを使っている方に馴染み深いのは独メルクです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  2. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  3. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  4. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  5. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  6. アルコール依存症患者の救世主現る?
  7. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  8. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  2. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  3. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  4. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  5. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  6. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  7. ジョージ・フェール George Feher
  8. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  9. 研究室での英語【Part1】
  10. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP