[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

[スポンサーリンク]

独化学大手メルクの日本法人、メルク(東京・目黒)は日本での医薬品事業を統合する。2006年4月に新会社「メルクファーマ」を設立、日本法人と系列後発品医薬品会社に分かれていた医薬品事業を統合する。現在発売予定の抗がん剤などに備え、医薬事業の基盤を強化する。(引用:日本経済新聞社)

この間、バイオックス訴訟があったのは米メルクで、元は同じですが別会社です。萬有製薬のバックについているのも米メルクです。医薬品事業というと日本では米メルクが思い浮かびますね。化学系の方で試薬やTLCなどのクロマトグラフィーを使っている方に馴染み深いのは独メルクです。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  2. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  3. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  4. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  5. 夢・化学-21 化学への招待
  6. 2008年10大化学ニュース
  7. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  8. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  2. 一流化学者たちの最初の一歩
  3. HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より
  4. 銀を使ってリンをいれる
  5. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  6. 米メルク、業績低迷長期化へ
  7. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  8. 化学 2005年7月号
  9. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】
  10. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP