[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機化学

  1. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis

    内容有機合成における保護基についての、包括的なガイドブック。25年に渡って有機合成に関わる有機化学者たちの必携書となってきた。その第4版となる本書も、包括的で素晴らしい内容で、有機合成に関わる合成化学者や医…

  2. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

    内容有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表…

  3. 人名反応に学ぶ有機合成戦略

    対象有機合成を学ぶ大学院生以上。評価・解説本…

  4. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

    対象有機化学系研究室配属を控えた大学生以上。評価…

  5. Organic Synthesis Workbook

    内容エリック・M・カレイラの序文から:……『Organ…

  6. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで

  7. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 3.11 14:46 ①
  2. 抗生物質の話
  3. 特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来
  4. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?
  5. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  6. 保護により不斉を創る
  7. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP