[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli

[スポンサーリンク]

 

ピエトロ・ジャコモ・ビギネリ(Pietro Guacini Biginelli、1860年7月25日-1937年1月15日)は、イタリアの化学者である(写真:Chemistry Views)。

経歴

18xx トリノ大学 (Icillio Guaresci教授)
18xx-1891 フローレンス大学化学研究所
1891-1893
1901 State Medicine in Rome 化学研究所
1925-1928 State Medicine in Rome 化学研究所 Director

 

受賞歴

 

研究概要

三成分ピリミジン骨格合成法の開発

人名反応であるビギネリ反応の開発者として知られる。
これは尿素、アセト酢酸エステル、アルデヒドの三成分縮合によってピリミジン骨格を合成する反応であり、現在でも医薬合成などに用いられる優れた反応である。

biginelli_1.gif
Gosioガスの研究

共同研究者であるBartolomeo Gosioとともに、微生物が算出するヒ素系ガスの構造解明に取り組んだ。彼らによる分析ではジエチルヒ素という結論を得ていたが、のちに正しくはトリメチルヒ素であることが判明した。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Tron, G. C.; Minassi, A.; Appendino, G. Eur. J. Org. Chem. 2011, DOI: 10.1002/ejoc.201100661

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  2. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  3. 入江 正浩 Masahiro Irie
  4. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  5. アレン・バード Allen J. Bard
  6. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  7. 京都賞―受賞化学者一覧
  8. イヴァン・フック Ivan Huc

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」
  2. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  3. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  4. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る
  5. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  6. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  7. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  9. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成
  10. カリオフィレン /caryophyllene

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP