[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

 

対象

有機化学系研究室配属を控えた大学生以上。

 

評価・解説

本書は、文献の調べ方や、基本的な実験操作・テクニックなど、有機合成の研究室生活を行う上で知っていると得するテクニックを紹介しています。経験を積んだ大学院生でも意外と知らない内容、今更聞けない初歩的内容も満載で、基礎を見直したりする目的にも役立ちます。文体もユーモアたっぷりで楽しく読めるので、特に研究室に入りたての方は、読んでみてはいかがでしょう?

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機機能材料 基礎から応用まで
  2. Cleavage of Carbon-Carbon Single…
  3. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  4. クロスカップリング反応関連書籍
  5. Practical Functional Group Synth…
  6. 理系のための口頭発表術
  7. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  8. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  2. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  3. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  4. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  5. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  6. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  7. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  8. アルカリ土類金属触媒の最前線
  9. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  10. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP