[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機化学

  1. 有機化学1000本ノック【反応機構編】

    概要大学の有機化学では,反応の最初と最後だけ覚えるのではなく,その途中の過程を一つ一つていねいに追いかけることが求められる.反応は結合の切断と生成の繰り返しであり,どれだけ分子構造や反応が複雑になっても,電子の移動(曲がった矢印)が…

  2. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

    2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

  3. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

    kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

  4. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳

    概要◆書籍の特徴◆本書は230個の空間群について,簡単な群から複雑な群まで順を追って解説…

  5. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

    (さらに…)…

  6. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

  7. くすりに携わるなら知っておきたい! 医薬品の化学

  8. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】

  9. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

  10. すごい分子 世界は六角形でできている

  11. 最新有機合成法: 設計と戦略

  12. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

  13. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

  14. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  15. 有機化学命名法

  16. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 十全化学株式会社ってどんな会社?
  2. 有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF
  3. 豚骨が高性能な有害金属吸着剤に
  4. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  5. 第9回慶應有機化学若手シンポジウム
  6. 金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆
  7. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP