[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機化学

  1. 最新有機合成法: 設計と戦略

    概要有機合成法について,系統立てて書かれた本です.前版の刊行から約10年,その後に大きく進展したC-C結合形成反応やカップリング反応,有機金属反応についても,反応機構とともに丁寧に解説されています.有機合成反応について,必要な反応が…

  2. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

    概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

  3. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

    概要従来の治療体系を大きく変えるような画期的な17の医薬品について,構造活性相関,有機合成経…

  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  5. 有機化学命名法

    概要本書は2013年にIUPACに勧告された、"Nomenclature of Organi…

  6. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  7. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  8. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists

  9. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  10. Essential Reagents for Organic Synthesis

  11. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

  12. 有機機能材料 基礎から応用まで

  13. 海の生き物からの贈り物

  14. Practical Functional Group Synthesis

  15. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  16. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州
  2. エドマン分解 Edman Degradation
  3. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  4. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  5. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  6. シラフィン silaffin
  7. 本多 健一 Kenichi Honda

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

PAGE TOP