[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機化学

  1. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】

    概要命名法編有機化学を深く理解するために有効な方法は,演習問題を解き,知識の定着を確認することである.有機化学の初期で大学生がつまずきやすい一つが化合物の命名法.有機化学では,この命名法を理解していることが前提となって講義が進む…

  2. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

    「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

  3. すごい分子 世界は六角形でできている

    概要化学の象徴とも言われる六角形の芳香環。身近な物質にも広く存在するが、カーボンナノチューブ…

  4. 最新有機合成法: 設計と戦略

    概要有機合成法について,系統立てて書かれた本です.前版の刊行から約10年,その後に大きく進展…

  5. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

    概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

  6. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

  7. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  8. 有機化学命名法

  9. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  10. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  11. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists

  12. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  13. Essential Reagents for Organic Synthesis

  14. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

  15. 有機機能材料 基礎から応用まで

  16. 海の生き物からの贈り物

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  2. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  3. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  4. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  5. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  6. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

PAGE TOP