[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機化学

  1. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】

    概要命名法編有機化学を深く理解するために有効な方法は,演習問題を解き,知識の定着を確認することである.有機化学の初期で大学生がつまずきやすい一つが化合物の命名法.有機化学では,この命名法を理解していることが前提となって講義が進む…

  2. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

    「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

  3. すごい分子 世界は六角形でできている

    概要化学の象徴とも言われる六角形の芳香環。身近な物質にも広く存在するが、カーボンナノチューブ…

  4. 最新有機合成法: 設計と戦略

    概要有機合成法について,系統立てて書かれた本です.前版の刊行から約10年,その後に大きく進展…

  5. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

    概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

  6. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

  7. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

  8. 有機化学命名法

  9. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  10. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  11. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists

  12. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  13. Essential Reagents for Organic Synthesis

  14. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

  15. 有機機能材料 基礎から応用まで

  16. 海の生き物からの贈り物

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  2. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  3. ニュースタッフ参加
  4. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  5. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  6. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  7. ジョージ・オラー George Andrew Olah

注目情報

最新記事

速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

Tshozoです。先日発表になりましたタイトルの件、今まで本ケムステで書かれてきた記事(こちら・こち…

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

PAGE TOP