[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー有機化学

  1. 最新有機合成法: 設計と戦略

    概要有機合成法について,系統立てて書かれた本です.前版の刊行から約10年,その後に大きく進展したC-C結合形成反応やカップリング反応,有機金属反応についても,反応機構とともに丁寧に解説されています.有機合成反応について,必要な反応が…

  2. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

    概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

  3. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

    概要従来の治療体系を大きく変えるような画期的な17の医薬品について,構造活性相関,有機合成経…

  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け…

  5. 有機化学命名法

    概要本書は2013年にIUPACに勧告された、"Nomenclature of Organi…

  6. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  7. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  8. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists

  9. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

  10. Essential Reagents for Organic Synthesis

  11. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

  12. 有機機能材料 基礎から応用まで

  13. 海の生き物からの贈り物

  14. Practical Functional Group Synthesis

  15. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  16. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  2. フラーレン:発見から30年
  3. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  4. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  5. オープンアクセス論文が半数突破か
  6. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  7. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP