[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー生化学

  1. 免疫(第6版): からだを護る不思議なしくみ

    (さらに…)…

  2. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

    (さらに…)…

  3. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール

    概要美肌化学がどこよりも優しく学べる本。化学者は幻想に惑わされない!!第1章 かずの…

  4. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

    内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識

    内容ズバリ、菌やカビのことをわかりやすく解説している本です。第一章では、菌やカビの基本的…

  6. 構造生物学

  7. 生物活性分子のケミカルバイオロジー

  8. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

  9. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために

  10. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell

  11. Essential細胞生物学

  12. Purification of Laboratory Chemicals

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  2. 岸 義人 Yoshito Kishi
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解パラジウムめっき編~
  4. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  5. GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)
  6. で、その研究はなんの役に立つの?
  7. タンパク質の定量法―ビューレット法 Protein Quantification – Biuret Test

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP