[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー生化学

  1. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール

    概要美肌化学がどこよりも優しく学べる本。化学者は幻想に惑わされない!!第1章 かずのすけ先生がやってきた第2章 肌トラブルの原因は洗いすぎ第3章 ニキビ肌で悩む全ての人へ第4章 洗顔後の美肌化学的お手入れ方法…

  2. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

    内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

  3. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識

    内容ズバリ、菌やカビのことをわかりやすく解説している本です。第一章では、菌やカビの基本的…

  4. 構造生物学

    内容構造生物学の現状、すなわち「タンパク質などの立体構造からその生物学的機能を明らかにする研…

  5. 生物活性分子のケミカルバイオロジー

    内容生物活性分子の標的同定と作用機構は創薬の基盤技術として期待され,日本…

  6. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

  7. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために

  8. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell

  9. Essential細胞生物学

  10. Purification of Laboratory Chemicals

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  2. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  3. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  4. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  5. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks
  6. 日本酸素記念館
  7. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP