[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Essential細胞生物学

内容

ビジュアルなカラーの図を多用し、細胞生物・分子生物学を学ぶ最初の一冊として基礎から応用まで解説。遺伝学・ゲノム・がんについてより詳解し、全面的に最新知見を追加した、1999年刊に次ぐ原著第2版の翻訳。

対象

高校上級・学部生以上

 

評価・解説

細胞の分子生物学の要約に相当する書籍。大学教養レベルの細胞・分子生物学についての基礎を学べる良書です。これを一通り勉強してから、本丸の細胞の分子生物学へと進むのが良いでしょう。

生物学を必修科目として受講する理学・薬学系大学生のファーストチョイスとしてオススメです。また専門ではないが、しっかりした内容の生物学教科書に触れたい人にもうって付けです。

DVD付きの原著第3版(2015)が最新版となっています。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Comprehensive Organic Transforma…
  2. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  3. Greene’s Protective Groups…
  4. 高分子の合成(上)(下)
  5. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  6. 海の生き物からの贈り物
  7. 有機合成のための触媒反応103
  8. Name Reactions: A Collection of …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 動画:知られざる元素の驚きの性質
  2. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  3. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  4. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  5. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省
  6. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  7. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  8. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  9. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  10. 実験の再現性でお困りではありませんか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP