[スポンサーリンク]

C

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要

アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与える反応。

基本文献

反応機構

反応例

R. A. Holtonはタキソールの全合成の際に、Chan転位反応を用いて環状炭酸エステル部をγラクトン部へと効率的に変換している[1]


なお、元文献では収率が中程度にとどまっている。Holton以外にこの反応を狙って全合成に組み込んだ例はないが、ReissigらがHeliquinomycinのモデル化合物の合成研究の際にセレノ化反応を行った際の副反応として報告している[2]

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

  1. R. A. Holton, C. Somoza, H. B. Kim, F. Liang, R. J. Biediger, P. D. Boatman, M. Shindo, C. C. Smith, S. Kim, H. Nadizadeh, Y. Suzuki, C. Tao, P. Vu, S. Tang, P. Zhang, K. K. Murthi, L. N. Gentile, J. H. Liu, J. Am. Chem. Soc.1994116, 1597-1598.
    DOI: 10.1021/ja00083a066
  2. C. Venkatesh, H.-U. Reissig, Synthesis200822, 3605-3614.
    DOI: 10.1055/s-0028-1083194

関連反応

The following two tabs change content below.

gladsaxe

スタッフで有りながらケムステのファンの一人。天然物の合成研究を行う博士課程の学生。

関連記事

  1. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (P…
  2. IBX酸化 IBX Oxidation
  3. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  4. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  5. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  6. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…
  7. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  8. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Aminatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 市民公開講座 ~驚きのかがく~
  2. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  3. 2つのアシロイン縮合
  4. フィル・バラン Phil S. Baran
  5. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  6. 毒劇アップデート
  7. 理系のための就活ガイド
  8. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  9. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  10. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP