[スポンサーリンク]


アジド

  1. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法

    電気化学とスルファミドを巧みに用いてアルケンをジアミノ化する新規手法が開発された。遷移金属や酸化剤を必要とせず、入手しやすく扱いが容易なスルファミドが窒素源なため、大量合成に適した合成法となりうる。1,2-ジアミンの合成と電気化学1…

  2. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

    ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

  3. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応…

  4. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

    電気化学的アプローチからMn触媒を用いてアルケンをジアジド化する手法が開発された。本手法は、従来のビ…

  5. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する

    フローニンゲン大学・Martin D. Witteらは、ビオチンとアジド導入剤を組み合わせた試薬「D…

  6. 有機アジド(3):アジド導入反応剤

  7. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis

  8. クリック反応の反応機構が覆される

  9. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  2. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  3. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  4. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  5. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  6. 英会話とプログラミングの話
  7. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP