[スポンサーリンク]

B

ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis

概要

エポキシドをアジドで開環後、トリフェニルホスフィンを作用させ立体特異的にアジリジンを得る手法。

 

基本文献

  • Ittah, Y.; Shahak, I.; Blum, J. J. Org. Chem. 197843, 397. DOI: 10.1021/jo00397a004
  • Ittah, Y.; Sasson, Y.; Shahak, I.; Tsaroom, S.; Blum. J. J. Org. Chem. 1978, 43, 4271. DOI: 10.1021/jo00416a003

 

反応機構

Staudinger反応経由で脱酸素化を伴いつつアジリジンを与える。

Blum_aziridine_2

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  2. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  3. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  4. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoratio…
  5. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 H…
  6. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  7. アッペル反応 Appel Reaction
  8. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!
  2. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  3. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  4. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  5. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  6. 有機合成化学協会誌6月号:ポリフィリン・ブチルアニリド・ヘテロ環合成・モノアシル酒石酸触媒・不斉ヒドロアリール化・機能性ポリペプチド
  7. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  8. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  9. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  10. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP