[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発

 信越化学工業は、排水・排ガスから塩水を回収し、リサイクル使用する画期的な新システムを開発し、直江津工場の主力製品であるメチルセルロースの製造工程に導入、7月から稼働開始した。製造工程で発生する排ガス・排水を一括処理し、VOC(有機化学物)の排出量を大幅に低減するとともに、その過程で派生する塩水を回収してカ性ソーダの原料として活用するもの。今後、メチルセルロース以外の製造ラインでも導入可能な改良を検討し、最終的には直江津工場の原塩の約10%を、このシステムで回収できる見通しだ。 (引用:化学工業日報

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  4. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  5. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  6. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  7. 金大発『新薬』世界デビュー
  8. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カプロラクタム (caprolactam)
  2. 異分野交流のすゝめ
  3. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  4. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)iridium(I) Dimer
  5. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)rhodium(I) Dimer
  7. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  8. 城戸 淳二 Junji Kido
  9. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  10. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP