[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発

[スポンサーリンク]

 信越化学工業は、排水・排ガスから塩水を回収し、リサイクル使用する画期的な新システムを開発し、直江津工場の主力製品であるメチルセルロースの製造工程に導入、7月から稼働開始した。製造工程で発生する排ガス・排水を一括処理し、VOC(有機化学物)の排出量を大幅に低減するとともに、その過程で派生する塩水を回収してカ性ソーダの原料として活用するもの。今後、メチルセルロース以外の製造ラインでも導入可能な改良を検討し、最終的には直江津工場の原塩の約10%を、このシステムで回収できる見通しだ。 (引用:化学工業日報

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  2. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  3. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  4. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  5. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  6. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  7. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  8. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  2. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  3. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  4. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  5. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する
  6. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  7. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  8. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  9. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  10. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP