[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発

 信越化学工業は、排水・排ガスから塩水を回収し、リサイクル使用する画期的な新システムを開発し、直江津工場の主力製品であるメチルセルロースの製造工程に導入、7月から稼働開始した。製造工程で発生する排ガス・排水を一括処理し、VOC(有機化学物)の排出量を大幅に低減するとともに、その過程で派生する塩水を回収してカ性ソーダの原料として活用するもの。今後、メチルセルロース以外の製造ラインでも導入可能な改良を検討し、最終的には直江津工場の原塩の約10%を、このシステムで回収できる見通しだ。 (引用:化学工業日報

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヘリウム不足再び?
  2. 池袋PARCOで「におい展」開催
  3. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  4. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…
  5. 秋の褒章2011-化学
  6. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  7. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  8. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リード反応 Reed Reaction
  2. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  3. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?
  4. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  5. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  6. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  7. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  8. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ
  9. コランニュレンの安定結合を切る
  10. 植物性油の再加熱によって毒物が発生

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP