[スポンサーリンク]


ドイツ

  1. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授

    第53回の海外化学者インタビューは、ベンジャミン・リスト教授です。ドイツのMülheim an der Ruhrにあるマックスプランク石炭研究所の均一系触媒部門に所属し、触媒に関する新概念を開拓しています。それではインタビューをどうぞ。…

  2. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

    第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

  3. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  4. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

    第14回目の海外研究記は、第2回の佐々木栄太さんからのご紹介で、カリフォルニア大学アーバイン校化学科…

  5. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

  6. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より

  7. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

  8. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より

  9. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  10. 目指せ化学者墓マイラー

  11. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)

  12. Bergfriendhof (山の墓地)

  13. マックス・プランク Max Planck

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  2. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  3. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  4. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  5. 計算化学:基底関数って何?
  6. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  7. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP