[スポンサーリンク]


ドイツ

  1. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(ギーセン大学)に留学されている齋藤文登さんにお願いしました。齋藤さんは慶応大学の垣内研究室で学部教育を受けたのちに、スイスのETH …

  2. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授

    第81回の海外化学者インタビューは、奥田 純 教授です。アーヘン工科大学無機化学研究所の有機金属化学…

  3. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授

    第53回の海外化学者インタビューは、ベンジャミン・リスト教授です。ドイツのMülheim an de…

  4. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

    第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  6. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

  7. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

  8. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より

  9. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

  10. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より

  11. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  12. 目指せ化学者墓マイラー

  13. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)

  14. Bergfriendhof (山の墓地)

  15. マックス・プランク Max Planck

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  2. 多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~
  3. 2009年イグノーベル賞決定!
  4. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  5. プロペランの真ん中
  6. 有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン
  7. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

PAGE TOP