[スポンサーリンク]


ドイツ

  1. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授

    第53回の海外化学者インタビューは、ベンジャミン・リスト教授です。ドイツのMülheim an der Ruhrにあるマックスプランク石炭研究所の均一系触媒部門に所属し、触媒に関する新概念を開拓しています。それではインタビューをどうぞ。…

  2. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

    第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

  3. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  4. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

    第14回目の海外研究記は、第2回の佐々木栄太さんからのご紹介で、カリフォルニア大学アーバイン校化学科…

  5. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

  6. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より

  7. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

  8. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より

  9. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  10. 目指せ化学者墓マイラー

  11. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)

  12. Bergfriendhof (山の墓地)

  13. マックス・プランク Max Planck

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  2. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  3. 有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子
  4. 肩こりにはラベンダーを
  5. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  6. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  7. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

注目情報

最新記事

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授

第57回の海外化学者インタビューは、フィリップ・ゲール教授です。英国サウサンプトン大学化学部に在籍(…

PAGE TOP