[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. アンリ・カガン Henri B. Kagan

    アンリ・ボリス・カガン(Henri Boris Kagan、1930年12月15日-)は、フランスの有機化学者である (写真はこちらより引用)。パリ第11大学名誉教授。 (さらに…)…

  2. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

    光学活性化合物を合成するにあたって、触媒量のキラル源を反応促進剤(プロモーター)…

  3. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

    デヴィッド・A・エヴァンス (David A. Evans、1941年1月11日-)は、アメリカの有…

  4. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

    "Exploiting Orthogonally Reactive Functionality: S…

  5. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

    "A Chiral Hypervalent Iodine(III) Reagent for En…

  6. 有機触媒 / Organocatalyst

  7. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

  8. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 計算化学:汎関数って何?
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. ケムステイブニングミキサー2019ー報告
  4. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応
  5. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  6. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  7. ペイン転位 Payne Rearrangement

注目情報

最新記事

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

PAGE TOP