[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2023年7月号:ジボロン酸無水物触媒・E-E (E = Si, Ge, Sn)結合・擬複合糖質・官能基複合型有機分子触媒・植物概日時計制御分子

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年7月号がオンライン公開されています。

あっというまに7月ですね。有機合成化学協会誌を読んで研究の加速をはかりたいものです。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、「ジボロン酸無水物触媒・E-E (E = Si, Ge, Sn)結合・擬複合糖質・官能基複合型有機分子触媒・植物概日時計制御分子です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:異分野融合と天地人

今月の巻頭言は、新潟大学名誉教授の長谷川英悦先生による寄稿記事です。なぜ天池人なのか?ということが、記事を読むとよくわかります。必見です。

ジボロン酸無水物触媒による脱水縮合アミド化反応の開発

嶋田修之*

*日本大学文理学部化学科

  アミド結合は様々な有用分子に含まれる普遍的な結合です。近年、環境調和性の観点から縮合剤を用いず、水だけを共生成物とするアミド化反応が脚光を浴びており、すぐれた触媒の開発研究が盛んに行われています。本稿では、これまでに提唱された反応中間体をもとにデザインされた新規ジボロン酸無水物触媒を用いる、b-ヒドロキシカルボン酸の高効率的なアミド化反応が達成されていますので、是非、ご覧ください。

E-E (E = Si, Ge, Sn)結合への挿入を鍵とする錯体・クラスター合成と機能開拓

砂田祐輔*

*東京大学生産技術研究所

 本総合論文では、Si、Ge、Snなどの高周期14族元素(E)のE-E結合と各種金属錯体の反応を利用した一連のクラスター錯体合成について解説されています。確立された合成法がない中で、金属錯体のE-E結合への挿入反応をうまく利用することで、高次のクラスターが効率的に合成できることを紹介されています。また、合成困難さから十分でなかった反応性についても一部紹介され、最新のクラスター化学の研究の知見が得られる論文です。

擬複合糖質研究:炭素連結型ガングリオシドGM3アナログの開発

平井 剛*

*九州大学大学院薬学研究院

 複合糖質の合成研究の新たな方向性を示した論文。O-グリコシド結合をC-グリコシド結合に置き換えることで、多彩な複合糖質の化学が大きく広がることが緻密に書かれています。

計算化学的手法を活用したグアニジンおよびウレア基を有する官能基複合型有機分子触媒による不斉酸化反応の開発

小田木 陽*山中正浩

*東京農工大学大学院工学研究院

立教大学大学院理学研究科

  グアニジンとウレア基を有する有機分子触媒による不斉酸化に関し、実験化学と計算化学の両輪で触媒的不斉酸化反応を切り開く。実験と理論が融合すると化学が如何に魅力的になるかが示されています。

植物概日時計制御分子の開発

齊藤杏実1、太田英介1中道範人2*山口潤一郎1*

1*早稲田大学理工学術院先進理工学研究科応用化学専攻

2*名古屋大学大学院生命農学研究科

 体内時計は様々なシグナル分子によって制御されていると言われていますが、その時計システムを制御する小分子化合物が存在することはご存知でしょうか?早稲田大学 山口潤一郎先生らによる、植物の概日時計制御分子の開発から作用機序の解明まで詳細に解説された、必読の一報です。

Review de Debut

今月のReview de Debutは1件です。オープンアクセスですのでぜひ。

トンネル効果支配: 速度論および熱力学支配に次ぐ第三の反応性パラダイム (長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)西依隆一

Message from Young Principal Researcher MyPR):環境ストレス応答有機小分子のための分子設計、化学合成と生物活性

今月号のMyPRは、九州大学大学院農学研究院 有澤美枝子 教授による寄稿記事です。有澤先生のご経験とこれまでの研究、現在の研究への繋がり方は多くの読者の参考になるのではないかと思いました。みなさん必読です。 

感動の瞬間:発見の魅力に導かれて研究の深淵に触れる

今月号の感動の瞬間は、千葉大学大学院工学研究院 坂本昌巳 名誉教授による寄稿記事です。記事にもありましたが、私自身も学生時代に感動の瞬間を得たことによって、いまがあります。一緒に研究している学生さんたちになんとか感動の瞬間を味わってほしく、裏方ながら奮闘しています。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】…
  2. ライトケミカル工業2025卒採用情報
  3. 分子の磁石 “化学コンパス” ~渡り鳥の…
  4. 岩塩と蛍石ユニットを有する層状ビスマス酸塩化物の構造解析とトポケ…
  5. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  6. 【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない
  7. アルケンのE/Zをわける
  8. マテリアルズ・インフォマティクスにおける従来の実験計画法とベイズ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3Dプリント模型を買ってコロナウイルス研究を応援しよう!
  2. ショウリョウバッタが吐くアレについて
  3. 硫黄の化学状態を高分解能で捉える計測技術を確立-リチウム硫黄電池の反応・劣化メカニズムの解明に期待-
  4. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  5. メソポーラスシリカ(1)
  6. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis
  7. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  8. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  9. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  10. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP