[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

    第264回のスポットライトリサーチは、高野 秀明 博士にお願いしました。多環式芳香族炭化水素(PAH)は近年様々な角度からの研究が進められている、世界中でホットな研究トピックです。これを光学活性な形に出来れば円偏光発光(CPL)など…

  2. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alde…

  3. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

    不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

  4. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  5. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  7. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  9. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  10. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  11. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  12. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  13. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  14. 抗結核薬R207910の不斉合成

  15. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  16. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  2. エステルを使った新しいカップリング反応
  3. 無保護環状アミンをワンポットで多重官能基化する
  4. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  5. ストックホルム市庁舎
  6. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授
  7. 今さら聞けないカラムクロマト

注目情報

最新記事

その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している DAICHAN と申し…

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

第278回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 夫研究室の相澤 直矢(あいざわ なおや)さんにお…

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP