[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

    不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触媒がアトロプ選択的な合成を可能にした。ホスフィン触媒を用いたアレノエートの付加環化反応(PCAA)軸不斉を有するビアリール化合物は不…

  2. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  3. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  4. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  5. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

    第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

  6. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  7. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  9. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  10. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  11. 抗結核薬R207910の不斉合成

  12. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  13. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  14. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  15. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

  16. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  2. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  3. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  4. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  5. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート
  6. 米国版・歯痛の応急薬
  7. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP