[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている市川早紀さんにインタビューを行いました。市川さんが所属するStephen Buchwald研究室は、遷移金属触媒を用いたクロスカップ…

  2. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  3. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

    第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

  4. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  5. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

    第102回のスポットライトリサーチ。今回は、理化学研究所・袖岡有機合成化学研究室の研究員、五月女 宜…

  6. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  7. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  8. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  9. 抗結核薬R207910の不斉合成

  10. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  11. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  12. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  13. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

  14. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

  15. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

  16. 有機触媒 / Organocatalyst

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 指向性進化法 Directed Evolution
  2. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒
  3. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール:1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  4. 大分の高校生が特許を取得!
  5. カイニン酸 kainic acid
  6. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  7. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

PAGE TOP