[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

    第264回のスポットライトリサーチは、高野 秀明 博士にお願いしました。多環式芳香族炭化水素(PAH)は近年様々な角度からの研究が進められている、世界中でホットな研究トピックです。これを光学活性な形に出来れば円偏光発光(CPL)など…

  2. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alde…

  3. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

    不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

  4. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  5. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  7. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  9. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  10. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  11. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  12. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jørgensen Catalyst

  13. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  14. 抗結核薬R207910の不斉合成

  15. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  16. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カプロラクタム (caprolactam)
  2. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  3. 「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?
  4. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  5. 窒素固定をめぐって-1
  6. 第20回次世代を担う有機化学シンポジウム
  7. 続々と提供される化学に特化したAIサービス

注目情報

最新記事

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

PAGE TOP