[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alder反応(IMDA)を用いず、分子内環化付加反応を用いたことが短工程合成の鍵である。ビニグロール(–)-Vinigrol(1)は198…

  2. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

    不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

  3. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  4. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  5. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  6. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

  7. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  8. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  9. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  10. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  11. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  12. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  13. 抗結核薬R207910の不斉合成

  14. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  15. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  16. アンリ・カガン Henri B. Kagan

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  2. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  3. 第32回生体分子科学討論会 
  4. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  5. 特許の基礎知識(2)「発明」って何?
  6. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  7. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP