[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月1日(インド Kalianpur生)-)は、イギリスの有機化学者である。ブリストル大学教授 (写真:Aggarwal Research Gr…

  2. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  3. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  4. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

    第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  6. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  8. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  9. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  10. 抗結核薬R207910の不斉合成

  11. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  12. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  13. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  14. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

  15. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

  16. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 結晶世界のウェイトリフティング
  2. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  3. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  4. HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より
  5. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  6. 北原武 Takeshi Kitahara
  7. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP