[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている市川早紀さんにインタビューを行いました。市川さんが所属するStephen Buchwald研究室は、遷移金属触媒を用いたクロスカップ…

  2. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  3. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

    第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

  4. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  5. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

    第102回のスポットライトリサーチ。今回は、理化学研究所・袖岡有機合成化学研究室の研究員、五月女 宜…

  6. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  7. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  8. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  9. 抗結核薬R207910の不斉合成

  10. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  11. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  12. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

  13. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

  14. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

  15. 有機触媒 / Organocatalyst

  16. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  2. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成
  3. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  4. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)
  5. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  6. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  7. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

PAGE TOP