[スポンサーリンク]


不斉合成

  1. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

    第264回のスポットライトリサーチは、高野 秀明 博士にお願いしました。多環式芳香族炭化水素(PAH)は近年様々な角度からの研究が進められている、世界中でホットな研究トピックです。これを光学活性な形に出来れば円偏光発光(CPL)など…

  2. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alde…

  3. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

    不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

  4. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  5. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

    「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  7. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  9. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化

  10. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  11. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  12. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst

  13. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

  14. 抗結核薬R207910の不斉合成

  15. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  16. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)
  2. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  3. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  4. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  5. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  6. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質
  7. 二光子吸収 two photon absorption

注目情報

最新記事

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

PAGE TOP