[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンリ・カガン Henri B. Kagan

[スポンサーリンク]

 

アンリ・B・カガン(Henri B. Kagan、1930年xx月xx日-)は、フランスの有機化学者である(写真:The Flanklin Institute)。パリ第11大学名誉教授。

経歴

19xx ソルボンヌ大学 卒業
1960 コレージュ・ド・フランス 博士号取得
1960 コレージュ・ド・フランス 博士研究員
19xx パリ第11大学

 

受賞歴

2001 ウルフ賞
2005 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

均一系不斉触媒開発の研究領域におけるパイオニアの一人。

 

二座不斉リン配位子DIOPの開発

 

DIOPの開発・適用により、二座配位型キラル配位子の実効性が示されたと言っても過言ではない。研究領域の黎明期における重要研究の一つである。

 

DIOP.gif

 

不斉触媒反応における非線形現象の発見および理論解析

 

光学純度の低い不斉触媒を用いて反応を行ったときに、生成物がもとの促進剤よりも光学純度高く得られることがある。これを不斉触媒反応における正の非線形効果(positive non-linear effect)と呼ぶ。逆の場合には負の非線形効果(negative non-linear effect)と呼ばれる。
この非線形効果の測定によって、触媒活性の異なる多量体(オリゴマー)の存在が示唆されうる。反応機構解析において重要な知見となる。勿論、実用性面でも有効性が高い重要概念である。Kaganは実験・理論両面からのアプローチにより、この概念を確立せしめた。

 

低原子価サマリウムを用いる有機合成反応の開発

 

kagan_molander.gif

Kagan-Molanderカップリング

 

コメント&その他

  1. かなりの有力候補と見なされていたにも関わらず、触媒的不斉合成法の開発に対し授与された2001年ノーベル賞において、惜しくも選から漏れてしまいました。

 

関連文献

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  2. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  3. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  4. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  5. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  6. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  7. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  8. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  2. 有機合成の落とし穴
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  4. 有合化若手セミナーに行ってきました
  5. 美術品保存と高分子
  6. 集積型金属錯体
  7. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  8. ジイミド還元 Diimide Reduction
  9. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  10. 含ケイ素四員環-その2-

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

Scientists at Rice University in Texas have develo…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP