[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンリ・カガン Henri B. Kagan

 

アンリ・B・カガン(Henri B. Kagan、1930年xx月xx日-)は、フランスの有機化学者である(写真:The Flanklin Institute)。パリ第11大学名誉教授。

経歴

19xx ソルボンヌ大学 卒業
1960 コレージュ・ド・フランス 博士号取得
1960 コレージュ・ド・フランス 博士研究員
19xx パリ第11大学

 

受賞歴

2001 ウルフ賞
2005 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

均一系不斉触媒開発の研究領域におけるパイオニアの一人。

 

二座不斉リン配位子DIOPの開発

 

DIOPの開発・適用により、二座配位型キラル配位子の実効性が示されたと言っても過言ではない。研究領域の黎明期における重要研究の一つである。

 

DIOP.gif

 

不斉触媒反応における非線形現象の発見および理論解析

 

光学純度の低い不斉触媒を用いて反応を行ったときに、生成物がもとの促進剤よりも光学純度高く得られることがある。これを不斉触媒反応における正の非線形効果(positive non-linear effect)と呼ぶ。逆の場合には負の非線形効果(negative non-linear effect)と呼ばれる。
この非線形効果の測定によって、触媒活性の異なる多量体(オリゴマー)の存在が示唆されうる。反応機構解析において重要な知見となる。勿論、実用性面でも有効性が高い重要概念である。Kaganは実験・理論両面からのアプローチにより、この概念を確立せしめた。

 

低原子価サマリウムを用いる有機合成反応の開発

 

kagan_molander.gif

Kagan-Molanderカップリング

 

コメント&その他

  1. かなりの有力候補と見なされていたにも関わらず、触媒的不斉合成法の開発に対し授与された2001年ノーベル賞において、惜しくも選から漏れてしまいました。

 

関連文献

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  2. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  3. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  6. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn
  7. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  8. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  3. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  4. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Benzo[1,2-b:4,5-b’]dithiophene
  5. ドーパミンで音楽にシビれる
  6. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–
  7. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  8. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  9. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  10. YMC研究奨励金当選者の声

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP