[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンリ・カガン Henri B. Kagan

 

アンリ・B・カガン(Henri B. Kagan、1930年xx月xx日-)は、フランスの有機化学者である(写真:The Flanklin Institute)。パリ第11大学名誉教授。

経歴

19xx ソルボンヌ大学 卒業
1960 コレージュ・ド・フランス 博士号取得
1960 コレージュ・ド・フランス 博士研究員
19xx パリ第11大学

 

受賞歴

2001 ウルフ賞
2005 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

均一系不斉触媒開発の研究領域におけるパイオニアの一人。

 

二座不斉リン配位子DIOPの開発

 

DIOPの開発・適用により、二座配位型キラル配位子の実効性が示されたと言っても過言ではない。研究領域の黎明期における重要研究の一つである。

 

DIOP.gif

 

不斉触媒反応における非線形現象の発見および理論解析

 

光学純度の低い不斉触媒を用いて反応を行ったときに、生成物がもとの促進剤よりも光学純度高く得られることがある。これを不斉触媒反応における正の非線形効果(positive non-linear effect)と呼ぶ。逆の場合には負の非線形効果(negative non-linear effect)と呼ばれる。
この非線形効果の測定によって、触媒活性の異なる多量体(オリゴマー)の存在が示唆されうる。反応機構解析において重要な知見となる。勿論、実用性面でも有効性が高い重要概念である。Kaganは実験・理論両面からのアプローチにより、この概念を確立せしめた。

 

低原子価サマリウムを用いる有機合成反応の開発

 

kagan_molander.gif

Kagan-Molanderカップリング

 

コメント&その他

  1. かなりの有力候補と見なされていたにも関わらず、触媒的不斉合成法の開発に対し授与された2001年ノーベル賞において、惜しくも選から漏れてしまいました。

 

関連文献

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  2. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  3. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  4. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  5. 中村 修二 Shuji Nakamura
  6. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  7. ウォルター・コーン Walter Kohn
  8. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. TosMIC
  2. 日本人化学者による卓越した化学研究
  3. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  4. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  5. (+)-MTPA-Cl
  6. グローブボックスあるある
  7. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  8. タミフルの新規合成法
  9. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization
  10. 工業製品コストはどのように決まる?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP