[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンリ・カガン Henri B. Kagan

 

アンリ・B・カガン(Henri B. Kagan、1930年xx月xx日-)は、フランスの有機化学者である(写真:The Flanklin Institute)。パリ第11大学名誉教授。

経歴

19xx ソルボンヌ大学 卒業
1960 コレージュ・ド・フランス 博士号取得
1960 コレージュ・ド・フランス 博士研究員
19xx パリ第11大学

 

受賞歴

2001 ウルフ賞
2005 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

均一系不斉触媒開発の研究領域におけるパイオニアの一人。

 

二座不斉リン配位子DIOPの開発

 

DIOPの開発・適用により、二座配位型キラル配位子の実効性が示されたと言っても過言ではない。研究領域の黎明期における重要研究の一つである。

 

DIOP.gif

 

不斉触媒反応における非線形現象の発見および理論解析

 

光学純度の低い不斉触媒を用いて反応を行ったときに、生成物がもとの促進剤よりも光学純度高く得られることがある。これを不斉触媒反応における正の非線形効果(positive non-linear effect)と呼ぶ。逆の場合には負の非線形効果(negative non-linear effect)と呼ばれる。
この非線形効果の測定によって、触媒活性の異なる多量体(オリゴマー)の存在が示唆されうる。反応機構解析において重要な知見となる。勿論、実用性面でも有効性が高い重要概念である。Kaganは実験・理論両面からのアプローチにより、この概念を確立せしめた。

 

低原子価サマリウムを用いる有機合成反応の開発

 

kagan_molander.gif

Kagan-Molanderカップリング

 

コメント&その他

  1. かなりの有力候補と見なされていたにも関わらず、触媒的不斉合成法の開発に対し授与された2001年ノーベル賞において、惜しくも選から漏れてしまいました。

 

関連文献

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  2. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  3. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  4. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  5. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  6. 福山透 Tohru Fukuyama
  7. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterj…
  8. 城戸 淳二 Junji Kido

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー6
  2. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  3. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  4. ペタシス反応 Petasis Reaction
  5. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  6. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  7. Reaxys無料トライアル実施中!
  8. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  9. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  10. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP