[スポンサーリンク]

chemglossary

不斉触媒 ふせいしょくばい asymmetric catalyst

 

光学活性化合物を不斉合成するにあたって、触媒量(量論量以下)のキラル源をプロモーター(反応促進剤)とすることができるとき、そのプロモーターを不斉触媒(asymmetric catalyst)と呼びます。

光学活性化合物は、医薬品や農薬を始めとした生物活性化合物への利用目的で特に需要があり、これを効率よく合成できる不斉触媒は、精密有機合成におけるもっとも強力なツールの一つと見なされています。不斉触媒開発は現在でも有機合成化学研究の中心的分野であり、日本の化学者が世界的リーダーとなって活躍している研究領域でもあります。

 

人工不斉触媒は、金属を含むもの(金属不斉触媒)と含まないもの(有機分子不斉触媒)に大別されます。後者の方が前者に比べて安価・取り扱い容易・構造チューニング容易というメリットが在る一方で、前者の方は高活性・通常条件ではまず不可能な反応を促進させたりと、バラエティに富んだ変換を可能としています。

 

2001年度ノーベル化学賞が不斉触媒開発研究に対して与えられたことは記憶に新しいかと思います。受賞した野依・Knowles・Sharplessらの研究テーマは、不斉水素化・酸化反応を対象としていましたが、現在ではさらに開発が難しいとされる、炭素-炭素結合形成反応をターゲットとする研究が主流となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機触媒 / Organocatalyst
  2. E値 Environmental(E)-factor
  3. Imaging MS イメージングマス
  4. 光親和性標識 photoaffinity labeling (P…
  5. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  6. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate…
  7. FBDD Fragment Based Drug Discove…
  8. 元素戦略 Element Strategy

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  2. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  3. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  4. EUで化学物質規制のREACHが施行
  5. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmetric Cyclopropanation
  6. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  7. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis
  8. 大学入試のあれこれ ①
  9. 化学遺産財団
  10. 環境ストレスに応答する植物ホルモン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP