[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧

[スポンサーリンク]

アーサー・C・コープ賞(Arthur C. Cope Award)は、有機化学領域において過去五年間に傑出した業績をあげた研究者にアメリカ化学会より授与される。1972年創設。完全な一覧はこちら(Wikipedia)画像は2014年受賞者のSchreiber教授。 画像出典:ACS


2020  Dennis A. Dougherty
2019  Dieter Seebach
2018   Steven V. Ley
2017   Carolyn R. Bertozzi
2016 Eric N. Jacobsen
2015 Paul A. Wender
2014    Stuart L. Schreiber
2013    Stephen L. Buchwald
2012    Chi-Huey Wong
2011    Nicholas Turro
2010    Kendall N. Houk
2009    Manfred T. Reetz
2008    James Fraser Stoddart
2007    Jean M. J. Frechet
2006    Peter G. Schultz
2005    K. C. Nicolaou
2004    Barry M. Trost
2003    Larry E. Overman
2002    Robert H. Grubbs
2001    George A. Olah
2000    David A. Evans
1999    Ralph F. Hirschmann
1998    Samuel J. Danishefsky
1997    野依良治

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  2. ディーン・トースト F. Dean Toste
  3. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  4. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertwec…
  5. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari
  6. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  7. 長谷川 美貴 Miki Hasegawa
  8. マット・フランシス Matthew B. Francis

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授
  2. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  3. なぜあなたは論文が書けないのか
  4. 知られざる法科学技術の世界
  5. 【3/10開催】 高活性酸化触媒の可能性 第1回Wako有機合成セミナー 富士フイルム和光純薬
  6. 第3のフラッシュ自動精製装置がアップグレード:分取クロマトグラフィーシステムPure
  7. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました
  8. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?
  9. η6配位アルキルベンゼンで全炭素(3+2)環化付加
  10. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP