[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧

アーサー・C・コープ賞(Arthur C. Cope Award)は、有機化学領域において過去五年間に傑出した業績をあげた研究者にアメリカ化学会より授与される。1972年創設。完全な一覧はこちら(Wikipedia)画像は2014年受賞者のSchreiber教授。 画像出典:ACS


2018   Steven V. Ley
2017   Carolyn R. Bertozzi
2016 Eric N. Jacobsen
2015 Paul A. Wender
2014    Stuart L. Schreiber
2013    Stephen L. Buchwald
2012    Chi-Huey Wong
2011    Nicholas Turro
2010    Kendall N. Houk
2009    Manfred T. Reetz
2008    James Fraser Stoddart
2007    Jean M. J. Frechet
2006    Peter G. Schultz
2005    K. C. Nicolaou
2004    Barry M. Trost
2003    Larry E. Overman
2002    Robert H. Grubbs
2001    George A. Olah
2000    David A. Evans
1999    Ralph F. Hirschmann
1998    Samuel J. Danishefsky
1997    野依良治

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  2. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  3. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb …
  4. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  5. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  6. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  7. 林 民生 Tamio Hayashi
  8. エリック・カレイラ Erick M. Carreira

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  2. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  3. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  4. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  5. 昭和電工、青色LEDに参入
  6. リガンド革命
  7. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  8. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  9. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  10. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン

2020年卒の大学三年生と修士一年生の志望業界のトップは「医薬品・医療関連・化粧品」(18.5%)。…

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

PAGE TOP