[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧

[スポンサーリンク]

アーサー・C・コープ賞(Arthur C. Cope Award)は、有機化学領域において過去五年間に傑出した業績をあげた研究者にアメリカ化学会より授与される。1972年創設。完全な一覧はこちら(Wikipedia)画像は2014年受賞者のSchreiber教授。 画像出典:ACS


2020  Dennis A. Dougherty
2019  Dieter Seebach
2018   Steven V. Ley
2017   Carolyn R. Bertozzi
2016 Eric N. Jacobsen
2015 Paul A. Wender
2014    Stuart L. Schreiber
2013    Stephen L. Buchwald
2012    Chi-Huey Wong
2011    Nicholas Turro
2010    Kendall N. Houk
2009    Manfred T. Reetz
2008    James Fraser Stoddart
2007    Jean M. J. Frechet
2006    Peter G. Schultz
2005    K. C. Nicolaou
2004    Barry M. Trost
2003    Larry E. Overman
2002    Robert H. Grubbs
2001    George A. Olah
2000    David A. Evans
1999    Ralph F. Hirschmann
1998    Samuel J. Danishefsky
1997    野依良治

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  2. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  3. 岸 義人 Yoshito Kishi
  4. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  5. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  6. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto
  7. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  8. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  2. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  3. 黒田チカ Chika Kuroda
  4. 藤田 誠 Makoto Fujita
  5. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  6. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  7. Essential細胞生物学
  8. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  9. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長
  10. 化学者の卵、就職活動に乗りだす

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP