[スポンサーリンク]


周期表

  1. 第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

    第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の化学・生化学科で長年講師を務めています。大規模な一般化学クラスの他に、科学史と哲学のコースも教えています。化学の歴…

  2. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

    重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

  3. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】

    1869 年にドミトリ·メンデレーエフが周期表を提案してから、150 年が経ちました。これを記念して…

  4. 今年は国際周期表年!

    皆様あけましておめでとうございます。年が明けると、さあ今年は何のアニバーサリーイヤーかなと気…

  5. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–

    前回の記事で、ヘリウムをアルカリ土類金属の上に置いた、斬新な周期表があることを紹介しました。本記事で…

  6. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

  7. 気になるあの会社~東京エレクトロン~

  8. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  9. 「世界最小の元素周期表」が登場!?

  10. 172番元素までの周期表が提案される

  11. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』

  12. 【動画】元素のうた―日本語バージョン

  13. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】

  14. 玉尾皓平 Kohei Tamao

  15. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  2. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  3. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  4. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  5. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  6. Carl Boschの人生 その1
  7. Nature Chemistry:Research Highlight

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP