[スポンサーリンク]

一般的な話題

「世界最小の元素周期表」が登場!?

ノッティンガム大学のナノテクノロジーセンターが、「世界でもっとも小さな元素周期表」を作成しました(写真:technabob.com)。

わずか50 x 100マイクロメートルのスペースに、118種すべての元素が収まっています。


この周期表は同センターが、同僚であるMartin Poliakoff教授の誕生日記念に作成したもの。電子顕微鏡とガリウムイオンビームによって、彼の毛髪に書きこんだのだそうです(その模様は関連動画を御覧ください)。

worlds_smallest_periodic_table_2.jpgつまり最先端研究の産物ではなく、あくまでジョーク作品なので、技術的に特筆すべき点はないようです。・・・とはいえ、楽しいものたることは間違いないですね。

ちなみにPoliakoff教授は、The Periodic Table Videoに出演し、化学啓蒙にも努めている人物です。ケムステ読者ならば、一度は見たことある、という人もいらっしゃるのでは?

それにしても髪の毛までをも元素紹介に使う熱意は、まったくもってスゴイですね(笑)

 

関連動画

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  2. サイエンスアゴラ2015総括
  3. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  4. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  5. SciFinderマイスター決定!
  6. ハメット則
  7. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  8. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  2. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  3. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  4. セレノフェン : Selenophene
  5. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  6. シクロクラビン cycloclavine
  7. 石見銀山遺跡
  8. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  9. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  10. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP