[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【動画】元素のうた―日本語バージョン

先日ご紹介しましたTheodore Gray氏作のiPadアプリ・『元素図鑑』 がこのたびバージョンアップされ、「元素のうた」という楽曲が収録されました。書籍日本語版たる『元素図鑑』の発刊(10/23)を控えて、iPad版のほうも付加価値を高めよう、としているのだと思います。果たしてこの曲はどんなものか―ぜひとも上の動画でお確かめを!


この「元素のうた」は、以前「つぶやき」でも紹介した、Tom Lehrer氏製作の『The Element Song』という古典的楽曲をリメイクしたものです。

日本語版はピアノではなく電子音で構成され、よりスローテンポの曲調となっています。
基本のメロディは同じにもかかわらず、オリジナルとはだいぶ違う曲になっています。
子供向け教育番組でよく聞くタイプのメロディ、というのが聴いてまず抱く印象ですね。
「誰にでも広く受け入れられる曲に」ということを念頭に、リメイクされたかもしれません。オリジナルが公開されたのは1959年。当時知られていない、または名前のつけられていない元素はたくさんありました。日本語版ではそれについての配慮があり、良く聞いてみるとオリジナルでは歌われていない103~112番元素が、ちゃんと歌われています。一つ一つの元素名も、ちゃんと聞き取れる!これはすばらしい点でしょう(笑)。

筆者個人としては、アップテンポで押韻の巧みなオリジナルのほうが、完成度の面でも好みではありますが・・・日本語版のほうも、これはこれで悪くないと思えますね。

ちなみにこのリメイクを行ったのは、トーマス・ハワード・リクテンスタイン氏。ドラムマニアなどの音ゲー系作曲で活躍している、日本在住のアメリカ人作曲家です(歌っているアンジェリーナとジェニファーは彼の娘)。

TH_Lichteinstein.jpg
(画像:Ladybug)
  • 関連書籍・商品
  • 関連動画


  • 関連リンク

元素図鑑 The Elements in Japanese:レビュー (AppBank)

イグノーベル賞受賞者が語る、エクストリーム実験の面白み

Theodore Gray – Wikipedia

Gray Matter セオドア・グレイ氏がポピュラー・サイエンス誌に連載している化学コラム。

トーマス・リクテンスタイン – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  2. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  3. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  4. 抗生物質の話
  5. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カッ…
  6. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  7. 有機化学者の仕事:製薬会社
  8. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  2. 有機EL organic electroluminescence
  3. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  4. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  5. マッテソン反応 Matteson Reaction
  6. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ
  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  8. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  9. 第7回ImPACT記者懇親会が開催
  10. カイニン酸 kainic acid

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP