[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【動画】元素のうた―日本語バージョン

先日ご紹介しましたTheodore Gray氏作のiPadアプリ・『元素図鑑』 がこのたびバージョンアップされ、「元素のうた」という楽曲が収録されました。書籍日本語版たる『元素図鑑』の発刊(10/23)を控えて、iPad版のほうも付加価値を高めよう、としているのだと思います。果たしてこの曲はどんなものか―ぜひとも上の動画でお確かめを!


この「元素のうた」は、以前「つぶやき」でも紹介した、Tom Lehrer氏製作の『The Element Song』という古典的楽曲をリメイクしたものです。

日本語版はピアノではなく電子音で構成され、よりスローテンポの曲調となっています。
基本のメロディは同じにもかかわらず、オリジナルとはだいぶ違う曲になっています。
子供向け教育番組でよく聞くタイプのメロディ、というのが聴いてまず抱く印象ですね。
「誰にでも広く受け入れられる曲に」ということを念頭に、リメイクされたかもしれません。オリジナルが公開されたのは1959年。当時知られていない、または名前のつけられていない元素はたくさんありました。日本語版ではそれについての配慮があり、良く聞いてみるとオリジナルでは歌われていない103~112番元素が、ちゃんと歌われています。一つ一つの元素名も、ちゃんと聞き取れる!これはすばらしい点でしょう(笑)。

筆者個人としては、アップテンポで押韻の巧みなオリジナルのほうが、完成度の面でも好みではありますが・・・日本語版のほうも、これはこれで悪くないと思えますね。

ちなみにこのリメイクを行ったのは、トーマス・ハワード・リクテンスタイン氏。ドラムマニアなどの音ゲー系作曲で活躍している、日本在住のアメリカ人作曲家です(歌っているアンジェリーナとジェニファーは彼の娘)。

TH_Lichteinstein.jpg
(画像:Ladybug)
  • 関連書籍・商品
  • 関連動画


  • 関連リンク

元素図鑑 The Elements in Japanese:レビュー (AppBank)

イグノーベル賞受賞者が語る、エクストリーム実験の面白み

Theodore Gray – Wikipedia

Gray Matter セオドア・グレイ氏がポピュラー・サイエンス誌に連載している化学コラム。

トーマス・リクテンスタイン – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  2. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  3. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!
  4. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発
  5. 幾何学の定理を活用したものづくり
  6. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  7. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  8. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  2. ニコラウ祭り
  3. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  4. 私が思う化学史上最大の成果-2
  5. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  6. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  7. ステッター反応 Stetter reaction
  8. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  9. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  10. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!

読者の皆さんの中には、既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。有機化学アカデミック研…

1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

先日、ある大手メーカーの役員で、面接官もされている方とお話をした際、「1次面接を通る人って、どの会社…

自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料

ライプニッツマテリアル研究所では、「Nanomere」と呼ばれる高熱を与えることでスリ傷を自己修復す…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP