[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【動画】元素のうた―日本語バージョン

先日ご紹介しましたTheodore Gray氏作のiPadアプリ・『元素図鑑』 がこのたびバージョンアップされ、「元素のうた」という楽曲が収録されました。書籍日本語版たる『元素図鑑』の発刊(10/23)を控えて、iPad版のほうも付加価値を高めよう、としているのだと思います。果たしてこの曲はどんなものか―ぜひとも上の動画でお確かめを!


この「元素のうた」は、以前「つぶやき」でも紹介した、Tom Lehrer氏製作の『The Element Song』という古典的楽曲をリメイクしたものです。

日本語版はピアノではなく電子音で構成され、よりスローテンポの曲調となっています。
基本のメロディは同じにもかかわらず、オリジナルとはだいぶ違う曲になっています。
子供向け教育番組でよく聞くタイプのメロディ、というのが聴いてまず抱く印象ですね。
「誰にでも広く受け入れられる曲に」ということを念頭に、リメイクされたかもしれません。オリジナルが公開されたのは1959年。当時知られていない、または名前のつけられていない元素はたくさんありました。日本語版ではそれについての配慮があり、良く聞いてみるとオリジナルでは歌われていない103~112番元素が、ちゃんと歌われています。一つ一つの元素名も、ちゃんと聞き取れる!これはすばらしい点でしょう(笑)。

筆者個人としては、アップテンポで押韻の巧みなオリジナルのほうが、完成度の面でも好みではありますが・・・日本語版のほうも、これはこれで悪くないと思えますね。

ちなみにこのリメイクを行ったのは、トーマス・ハワード・リクテンスタイン氏。ドラムマニアなどの音ゲー系作曲で活躍している、日本在住のアメリカ人作曲家です(歌っているアンジェリーナとジェニファーは彼の娘)。

TH_Lichteinstein.jpg
(画像:Ladybug)
  • 関連書籍・商品
  • 関連動画


  • 関連リンク

元素図鑑 The Elements in Japanese:レビュー (AppBank)

イグノーベル賞受賞者が語る、エクストリーム実験の面白み

Theodore Gray – Wikipedia

Gray Matter セオドア・グレイ氏がポピュラー・サイエンス誌に連載している化学コラム。

トーマス・リクテンスタイン – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. タミフルの新規合成法
  2. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)…
  3. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発
  4. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その2
  5. 地域の光る化学企業たち-2
  6. 円偏光スピンLEDの創製
  7. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  8. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  2. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  3. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  4. 元素占いはいかが?
  5. 住友化学歴史資料館
  6. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う
  7. Pure science
  8. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  9. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  10. 液体ガラスのフシギ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP