[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【動画】元素のうた―日本語バージョン

[スポンサーリンク]

先日ご紹介しましたTheodore Gray氏作のiPadアプリ・『元素図鑑』 がこのたびバージョンアップされ、「元素のうた」という楽曲が収録されました。書籍日本語版たる『元素図鑑』の発刊(10/23)を控えて、iPad版のほうも付加価値を高めよう、としているのだと思います。果たしてこの曲はどんなものか―ぜひとも上の動画でお確かめを!


この「元素のうた」は、以前「つぶやき」でも紹介した、Tom Lehrer氏製作の『The Element Song』という古典的楽曲をリメイクしたものです。

日本語版はピアノではなく電子音で構成され、よりスローテンポの曲調となっています。
基本のメロディは同じにもかかわらず、オリジナルとはだいぶ違う曲になっています。
子供向け教育番組でよく聞くタイプのメロディ、というのが聴いてまず抱く印象ですね。
「誰にでも広く受け入れられる曲に」ということを念頭に、リメイクされたかもしれません。オリジナルが公開されたのは1959年。当時知られていない、または名前のつけられていない元素はたくさんありました。日本語版ではそれについての配慮があり、良く聞いてみるとオリジナルでは歌われていない103~112番元素が、ちゃんと歌われています。一つ一つの元素名も、ちゃんと聞き取れる!これはすばらしい点でしょう(笑)。

筆者個人としては、アップテンポで押韻の巧みなオリジナルのほうが、完成度の面でも好みではありますが・・・日本語版のほうも、これはこれで悪くないと思えますね。

ちなみにこのリメイクを行ったのは、トーマス・ハワード・リクテンスタイン氏。ドラムマニアなどの音ゲー系作曲で活躍している、日本在住のアメリカ人作曲家です(歌っているアンジェリーナとジェニファーは彼の娘)。

TH_Lichteinstein.jpg
(画像:Ladybug)
  • 関連書籍・商品
  • 関連動画


  • 関連リンク

元素図鑑 The Elements in Japanese:レビュー (AppBank)

イグノーベル賞受賞者が語る、エクストリーム実験の面白み

Theodore Gray – Wikipedia

Gray Matter セオドア・グレイ氏がポピュラー・サイエンス誌に連載している化学コラム。

トーマス・リクテンスタイン – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 172番元素までの周期表が提案される
  2. お”カネ”持ちな会社たちー2
  3. 塩にまつわるよもやま話
  4. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  5. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  6. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  7. どろどろ血液でもへっちゃら
  8. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  2. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  3. 遺伝子工学ーゲノム編集と最新技術ーChemical Times特集より
  4. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  5. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  6. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  7. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  8. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  9. π電子系イオンペアの精密合成と集合体の機能開拓
  10. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP