[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』

以前「つぶやき」にて、アリエナイ化学実験を特集したビジュアル本『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』Theodore Gray著)をご紹介しました。

実はこのレビューをたまたま創元社の編集者がご覧になっていまして、直々に感想メールを送ってくださいました。その本文にて、何と予期せぬご提案が!

「創元社では近々、Gray著の書籍『The Element』和訳刊行する予定です。よければ書籍を送付しますので、是非とも化学者の視点から御覧ください」

筆者自身もかの『Mad Science』が大変気に入った身です。『The Element』も絶対楽しいに違いない!是非買おう!と思っておりました。そんなタイミングですから、まさに渡りに船!二つ返事で「ぜひ送って欲しいです!」と申し出た次第です。

そんな編集部のご好意もあってフライング気味に入手できたのが、この『世界で一番美しい元素図鑑』。今回は、本書をご紹介したいと思います。


元素を題材とした書籍は世の中にいくつもありますが、この『元素図鑑』は一目でわかる通り、他のと全く違った書籍です。

とにかく写真!写真!!写真!!! 

もっとも美しく見せるために、わざわざ大判に組んであるこだわりよう。まさに「元素のビジュアル写真集」という形容がマッチする逸品なのです。

gensozukan_3.jpg

ワイド版書籍「まんがサイエンス」と比較してもこの大きさ!
この書籍、開くとかなり迫力あるサイズになります。そんな見開き2ページを、たった一つの元素に割りあてる、という贅沢で大胆な構成がとられています。

左側のページには元素単体の写真がどどーんと配置、右ページには各種基本データ・簡潔な解説コメントに加え、元素アイテムの写真がいくつもピックアップされています。

gensozukan_2.jpgこの元素アイテム、どこで入手可能なのかどうにも不明、見たことも聞いたこともないものばかり。たとえば、トリチウムキーホルダー・トリウム入り歯磨き・ラジウムコンドーム・ポロニウム点火プラグなどなど・・・。その中にはGray氏のコレクションもたくさん含まれるようですが、まったく マニアここに極まれり、ですね。

全ての元素に付いてる解説コメントも、Gray氏ならではのシニカルさが際立つ、読ませる文になっています。専門家の文章にありがちな、長々とした退屈な解説―そんなものはどこにもありません。

炭素(C)と臭素(Br)の解説文を一部抜粋してみましょう。一つ一つのコメントは短いですが、元素雑学がぎっちりとつまっています。

C: ダイヤモンドはとくに希少なわけでも、際立って美しいわけでも、永遠なわけでもありません。その3つとも、デビアス・ダイヤモンド社が作った神話です。デビアスの独占がなければ、ダイヤの価格は10分の1程度でしょう。

Br: 臭素が子どもと一緒にベッドに入っていることもあります。いや、あなたが想像するような臭い話ではありません。子ども用パジャマには有機臭素化合物、なかでも特にテトラブロモビスフェノールAが難燃材として添加されているのです。この物質の安全性を疑問視する向きもあるのですが、火だるまの子供の体から溶けて燃えるポリエステルが垂れ落ちる強烈なイメージが、批判を封じ込める方向に働いています。

広げて眺めているだけで、おもちゃ箱のコレクションをひっくり返して楽しんでいる―そんなノスタルジックな一面が感じられます。いつまでも少年時代のロマンを忘れない大人にとって、きっと抗いがたい魅力があることでしょう。

こんな大判写真集的な構成にもかかわらず、¥3990 という値段は、まさにお買い得そのもの!

実際、本書は各所で大人気、売り切れ続出な現状なのだそうです。少なくとも筆者にとっては期待通り本当に楽しい書籍で、大満足の一品。そんな本を発売日前に入手できたのは、ラッキーそのものでした。献本頂きました創元社・小野様には、この場を借りて御礼申し上げます。

 

関連動画

The Elements ebook for iPad  セオドア・グレイ氏のインタビュー動画。

本書の電子書籍版が、有名なiPadアプリ「元素図鑑」 です。iPad版では動画を見たり、元素をフリックで回転させて遊んだりもできます。

 

関連書籍

Theodore Gray著のアナザービジュアル化学書「MadScience」。「つぶやき」でのレビューはこちら

関連リンク

【インタビュー】なぜ『Mad Science』は過激で美しい科学実験書になったのか?

Theodore Gray (テオ・グレイ)、テーブルからテレビまでの道程 (気ままに有機化学)

世界で一番美しい元素図鑑 創元社の公式サイト

イグノーベル賞受賞者が語る、エクストリーム実験の面白み

Theodore Gray – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Illustrated Guide to Home Chemis…
  2. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より
  3. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  4. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  5. カルベンで挟む!
  6. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!
  7. 「重曹でお掃除」の化学(その2)
  8. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  2. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  3. 高圧ガス甲種化学 受験体験記① ~概要・申し込み~
  4. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  5. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  6. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  7. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  8. 一重項分裂 singlet fission
  9. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  10. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP