[スポンサーリンク]


国際学会

  1. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

    研究室の新年度も始まり、皆様の研究室でも新入生が加入し慌ただしい日々が続いているのではないでしょうか? 今日はスイスでの国際学会のお知らせです。近年、ベシクルに立脚する人工細胞モデルや、合成生物学に基づく細胞機能のエンジニアリング代…

  2. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!

    今年もCASが主催するSciFinder Future Leaders in Chemistryプロ…

  3. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」

    あの国はどんな国?学会とプライベートな旅行とでは、また違った顔を見せたりもします。アカデミッ…

  4. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③

    アルメニア初の化学国際会議、ArmChemFront2013の参加レポート!今回(最終回)は…

  5. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②

    アルメニア初の化学国際会議、ArmChemFront2013の参加レポート!今回は学会内容に…

  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①

  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

  8. リンダウ会議に行ってきた②

  9. アイルランドに行ってきた②

  10. アイルランドに行ってきた①

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  2. 次なる新興感染症に備える
  3. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  4. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  5. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  6. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering
  7. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP