[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①

ケムステ読者の皆さん、こんにちは。

学会シーズン真っ盛り、あっち行ったりこっち行ったり、何かと多忙な日々をお過ごしの方も多いことでしょう。

筆者も「結果がある限り、年一回海外に行ってOK」というボスの言に則り、今年もめでたく海外学会に行ける運びとなりました。

どこに行こうかな~と国際学会一覧のページを眺めていると、おや?なんか見慣れない名前の国が視界をよぎったような・・・

ア ル メ ニ ア !!?

こんなマニアックな国でなぜ化学の学会が?アルメニア発の化学なんて、聞いたこと無い・・・しかし、どういうワケか講演者が凄く豪華なんだが?

これは行く価値あるんじゃないか?こんな機会でも無い限り、絶対行かない国だろうし、国の雰囲気もなかなか好みだ・・・うん、化学はさておきこれはもう行くしかない! (以上、思考およそ1分)

・・・というわけで、ラボの同僚を(半ば無理矢理)捕まえ、参加することに決めました。

化学国際会議ArmChemFront2013、参加レポートです!

アルメニアってどこにあるの?

はい、何はともあれここから説明が必要でしょう。と言いますのも、「アルメニアの学会に行きまーす」と話したところ、全員が全員、

『『『いったいどこにある国なんだよそれは?』』』

てなリアクションだったのですね。まぁ無理もないでしょう、筆者もちゃんと知りませんでした。

では地図(外務省のページより引用)をご覧あれ。人に説明するときには、「トルコの東隣さん」と答えておけば間違いありません。

armenia_conf_2
日本からのアクセスはさほど良くなく、ウィーン、パリ、モスクワのどこかで乗り換えて行く必要があるようです。航空便数が少ないので、乗り過ごすとお終いなことは勿論、乗り継ぎも一苦労。シャルル・ド・ゴール空港でなんと7時間も待ちました。(暇つぶしアイテムKindle Paperwhiteが大活躍!)

首都エレバン(Yerevan)は、想像よりもずっと綺麗な場所でした。、建物の大半は石造りですが、ヨーロッパやロシアと似ているようでいて、どちらとも違った雰囲気の街です。

気温は高め(>30℃)ですが湿度は低く、日本より幾分過ごしやすい印象。どうやらこの時期は、雨がほとんど降らないらしいです。治安は大変良く、女性や子供が夜中出歩く姿も珍しくありません。現地の人たちも親切で良い人が多い印象でした。

市内散策すると教会・大聖堂があちこちで見つかります。有史で初めてキリスト教を国教にした経歴は伊達じゃありません。しかし西欧教会の煌びやかな佇まいとは全く違って、素朴で飾らない造りこそが印象的でした。

IMGP5847.jpgIMGP5784.jpgIMGP6259.jpgIMGP5456.jpg

(写真はクリックで拡大)

さらにはかねてからの噂通り、街歩くアルメニア美人が大変多かった印象です。道行く人にカメラを向けるのは流石にはばかられたので、写真はありません。画像検索でお楽しみください(笑)

Google先生はさすがです

Google先生はさすがです

学会会場は、エレバン中心部の立派なホテル。おそらく現地ではハイクラスの場所なんでしょうが、意外にもそこそこ安価に泊まれてしまいます。

こんなかんじの場所でした

こんなかんじの場所でした

(写真はこちらから拝借)

そう、アルメニアはとにかく物価が安い!のです。

加えて朝食・昼食も参加費に含まれており、全てホテルで出してくれました。おかげでお金を使う機会がほとんどなく、6日滞在であちこち回って2万円程度(観光/飲食/お土産代など、宿泊費除く)の出費で済みました。欧米学会では、到底考えられないコスパですよね。

おっとと、国の紹介だけで終わってしまいましたね。長くなったので残りは次の記事で・・・

次回は気になる「学会の様子」について紹介したいと思います。

 

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定
  2. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  3. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  4. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  5. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  6. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  7. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  8. ホウ素は求電子剤?求核剤?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  2. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  3. Wiiで育てる科学の心
  4. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  5. ジョン・スティル John K. Stille
  6. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  7. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)iridium(I) Dimer
  9. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification
  10. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP