[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③

アルメニア初の化学国際会議、ArmChemFront2013の参加レポート!

今回(最終回)は交流イベントについて紹介します(前回の記事はこちら)。

国をあげてのおもてなし!

国際学会には交流イベントが付属しているものです。これを通じて参加者同士で仲良くなったり、現地文化を味わったりできる貴重な機会でもあります。

ArmChemFront2013では、①歓迎パーティ(Reception) ②小旅行(Excursion) ③閉会パーティ(Banquet)の3つが持たれました。この3点セットはどの国際学会にもありますが、大抵の①③はホテルやホールなどで開催される立食形式がほとんどです。

しかしアルメニアは違った! とにかく開催側の気合いが入っており、想像の遥か上を行く歓待を受けることとなりました。

①歓迎パーティは美術館の屋上を会場とする青空立食パーティ。夜景の絶景スポットであり、この上なく素晴らしい景色のなか、雰囲気良く会話を楽しめるというわけです。過去に全く経験の無いシチュエーション、まずこれで僕らの心は鷲づかみです。

IMGP6151.jpgIMGP6122.jpg
IMG_0609.JPGIMG_0611.JPG
会場となったCafesjian Center for the Art

②小旅行は、世界遺産(ガルニ神殿とゲハルト修道院)を巡るツアー。素朴かつ自然満載なスポットであり、こういう雰囲気は個人的に大好きです。歴史には明るくないもののとても楽しめました。驚くべきは、学会参加費に全てincluded(しかも昼食付き)だった点。普通は余分にお金を払って参加するものですが、ここまでして貰って良いのでしょうか?

IMGP5947.jpgIMGP5983.jpg

IMGP6020.jpgIMGP6068.jpg

ガルニ神殿(上2枚)とゲハルト修道院(下2枚)

③閉会パーティは、近郊の綺麗なレストハウスで行われました。いくら物価が安いとは言え、参加費(30ユーロ)からは考えられないほどに豪勢でした。アルメニア料理とアルコールが際限なく振る舞われ、酔っ払う参加者も続出。アルメニアの人はとにかく飲みますね・・・コニャックやウォッカでひっきりなしに乾杯している人もいて、いやはやこれは敵わんなー、と思いました。

料理の後は、アルメニア美男美女による民族舞踊が披露。勿論こんな機会でも無ければ、生で見ることなどありません。どんなものかに興味のある方は、一度Youtube動画で鑑賞されてはどうでしょう。

IMGP6269.jpgIMGP6317.jpg

会場のレストハウス(左)とアルメニア舞踊(右)

その後は一転、ハイテンポな音楽が増え、参加者も交えての乱舞パーティに。若手も大御所も交え、場はこの上無くヒートアップ。最大級に盛り上がって幕を下ろしました。最後のシメ曲が謀ったかのようにGangnam Styleだったのも、あなたたち心得過ぎではないですかと言いたいw。

これほどの歓待を受けた国際学会は、もちろん経験がありませんし、話に聞いたこともありません。他の参加者も「こんなこと他学会ではありえない、特別だ」と口をそろえて言っておりました。

気になるのは次回以降?

road-sign_future

参加前はどんなもんじゃろと思ってた学会ですが、参加してみると実に素晴らしい会でした。国を挙げて成功に持って行こうとする雰囲気があちこちから感じられ、とても活気ある印象を抱きました。もし今回通りの水準で執り行われるようなら、次回以降も参加を考えることやぶさかではありません。小国アルメニアでの初回開催としては、最大級の成功を収めていたのではないでしょうか。

しかしながら一発勝負にならないよう、運営体制の維持および講演者・参加者の確保が次回以降も課題となるのでしょう。最初に気合いを入れすぎたため、あとはだんだん尻すぼみ・・・という風にはなって欲しくないところです。

アルメニアは世界の化学者にとってなじみの無い国。こういったオフィシャル来訪機会は是非継続し
て欲しいものです。

 

学会を楽しもう、楽しさを共有しよう

armenia_conf_12

学会中、とある方との会話で、

「こういうとこに来たら、周りが羨むぐらいに目一杯楽しそうな様子を伝えると良いもんだよ。それで後進も『俺もそうなりたい』と魅力を感じて意欲的になってくれる、僕はその方がいいと思ってる。世界のあちこち行けるのはアカデミックの特権だしね」

という話が出て来ました。筆者も全くその通りだと思います。

大学教員は、学生に自分の生き様を見せねばならない立場。もちろん講演から得られる最先端情報を伝えるのは責務なんでしょうが、生真面目に引きこもって講演聞いてるばかりが能じゃない、ってことですね。

欧米科学者の中には、配偶者と一緒に現地に赴き、国際学会を家族サービスの時間に仕立ててしっかり楽しむ人も多いです。学会期間を超えて滞在を延ばし、地理的に近い知人のところへ講演行脚する機会にしたり、週末と繋げてミニバカンスにすることも珍しくありません。

一方の日本人化学者はというと、そんなことされる方は存外少ないように思えます。「学会参加は税金使っての仕事ですからね・・・」というキマジメな考え方も日本人らしくはありますが、もう少しゆとりがあって良いと思うんですね。

学会期間が終わったら即日帰国しろとか、理由が無い限り滞在を延ばしちゃダメとか・・・そんな縛りはたいへん窮屈な気がしています。きっちり現地で仕事をしたら、あとは飲んで語って遊ぶ。現地の人と文化に触れ、人間の幅を広げる機会にする・・・これで良いと思うんです。アルメニアまでやって来て、仕事以外を楽しもうとしないのは全く勿体ないように思えました。

「遠隔地に赴く機会を、別のことに応用できるゆとり」は、制度設計側で組み入れてあってもよいとすら思えます。科学者といっても人間ですから、ガチガチだと息が詰まりますよね。

 

おわりに

3回に渡って、「アルメニア初の化学系国際学会」というレアケースをレポートしてみました!

読者である皆さんの中にも、普段行けない土地に仕事や学会で行かれる方、多くいらっしゃるかと思います。紹介できる範囲でブログなどにしたためておかれると、後で参加される方にとっても参考になるでしょう。ついでに「化学者以外にも楽しめる現地の魅力」なども公開しておければなお良いですね。

読んだ後進が「俺も行きたいから研究頑張る!」となってくれればこの上無いですし、費用以上の価値に間違いなくなるはずです。このシリーズ記事がそうなってくれれば本望です。

またいずれ、面白い学会に行く機会があったら報告しますね!

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  2. 前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表…
  3. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  4. 生合成を模倣した有機合成
  5. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  6. ホウ素-ジカルボニル錯体
  7. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev…
  8. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和ク…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  2. Horner-Emmons 試薬
  3. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  4. 有機化学命名法
  5. さあ分子模型を取り出して
  6. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  7. 博士課程学生の奨学金情報
  8. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  9. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  10. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP