[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

リンダウ会議に行ってきた②

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)の参加報告、第二回目です。(前回の記事はこちら)

さて、第二回目は初日のオープニングセレモニーなどについて紹介します。

まず選抜楽団の演奏から開幕。演奏者の皆さんは、まだ20代前半。若くしてこの晴れ舞台にあがれるエリート達です。
BO5C0324.JPG
その後オーガナイザからの挨拶。なんと女性。あえて話を15字で要約するならば、「スポンサーの皆様どうもありがとう」。
BO5C0377.JPGBO5C0419.JPG
そして何やかや話があったあとに、5名の選抜若手参加者とノーベル賞受賞者を交えての、公開ディスカッション。・・・というよりは、皆さん台本どおりしゃべっておられるような感じでしたね。
BO5C0617.JPG
まぁこんな感じで進んでいました。公式サイトでオープニングセレモニーの動画を視聴することができますので、細部に興味のある方はそちらをどうぞ。

 

会場の前のほう数列はreservedになっており、ノーベル賞学者や各国のVIP用に確保されていました。

実際、錚々たる面々が招待されているようでした。たとえばドイツの役人は勿論、EUのお偉いさん、オーストリアの文部大臣、リヒテンシュタインの首相、などなど・・・。VIPが多数集まっているためか、この日に限ってカバンの中身を入場前にチェックをされたほど。

表向きは「ノーベル賞学者と若手の交流会」と銘打っているリンダウ会議ですが、その実は、ノーベル賞学者の破格のネームバリューを使って各国のVIPを呼び寄せ、彼らに自国をアピールする場としての機能も果たしているようでした。
さて、今回参加していた若手化学者(=院生+ポスドク)は、およそ580名。そのうち10名以上参加している国は、参加者リストによると以下のとおりでした。

  ドイツ180名、アメリカ100名、インド45名、中国25名、スペイン15名、イギリス10名、オーストラリア10名、オランダ10名、ロシア10名、そして日本10名。

かなり偏りがあることが伺えるのではないでしょうか。意外なことですが、お隣のフランスなんかは8人しか参加していません。果たしてこの意図やいかに。

 

開催側のドイツや、力のあるアメリカ、人口の多い中国が多くなるというのはまぁ通例で、理解できなくもありません。しかしその中にあって、インドからの参加が飛びぬけて多い、ということがお分かりでしょう。

 

それもそのはず、インドは今回、リンダウ会議の協賛サポーター国の立場を買って出ているのです。そのため会議側のはからいで、インドの露出機会が明らかに多めに設定されていました。具体的には、インド料理が昼食に給仕されたり、インド舞踊が舞台で披露されたり、インド人化学者の講演タイムが特別に設けられていたり・・・。そしてこんな人数比なので、そこらで見かける非西洋人はというと、たいてい中国人かインド人ばかり。サポーター国たる存在感を示すことに、確かに成功していたようです。

 

リンダウ会議はどうやら、国家機関からの推薦がないと参加できないシステムになっているそうです。言い換えれば個人の実力で参加をもぎ取る類の会ではない、ということ。とすれば参加人数比は、完全にドイツ側の裁量で決められている、と考えるのが妥当に思えます。もう少し言うなら、「科学の世界で将来、友好的関係を結びたい」とドイツ側が考えている国ほど参加人数が多くなっている、とすら解釈できるのでは・・・。

 

こういったことを加味するに、リンダウ会議は紛う事なき国際政治イベントとしての側面も持っていると感じられました。貴重な機会を多角的に活用しようとしてるのは、どこでも同じですね。世界はのんびりしていません。

 

「日本だってインドや中国には負けてられんぞ!」・・・と思いたいところなのですが、そのような目で見てしまうと、今回の会議では露出機会がどこにも無く、完全にアピール機会を逸してしまっているようでした。そもそも日本のVIPは、学者以外は誰も来ていないですし。

 

旧同盟国だったはずのドイツ はパートナーを中国・インドにシフトしつつあり、日本の科学界は徐々に相手にされなくなってきているという兆候なのでは・・・悲観的な見方かも知れませんが、
そんな風に感じられてしまいました。

次回はノーベル賞化学者達による講演の様子をお伝えします。

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. CRISPRの謎
  2. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  3. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  4. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりス…
  5. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  6. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌
  7. 有機化学美術館が来てくれました
  8. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミドをエステルに変化させる触媒
  2. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  3. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  4. この輪っか状の分子パないの!
  5. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  6. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  7. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  8. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ
  9. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  10. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP