[スポンサーリンク]

一般的な話題

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

[スポンサーリンク]

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を追加し、近郊機関に訪問したうえで、現地PIとのディスカッションおよび英語講演もさせてもらっています。

意識的に続けた結果、既に10機関以上訪れることが出来ました。自己アピールと人脈作りが大半の目的ですが、年1ペースでも続けることでプレゼン度胸がつきますし、英語のやりとりにも抵抗が減ってきます。次世代化学者の皆さんにも、都合が許す限りで是非実践して欲しいと思い、今回筆を執っています。

「そんなこと考えたこともない、知り合いもいないし、レクチャーシップ賞や招待状も無しに、機関訪問なんてしていいの!?」と思ってしまう若手の方々、かなーり多いんじゃないでしょうか。しかし経験上、いくつかのポイントを押さえておけばOKで、意外と実施ハードルは低いです。

本シリーズ記事では、そのための要領を解説していきます。書いていくうち長くなってしまったので、3回に分割します。第1回は【基本を学ぼう】編です。

海外機関訪問、どのタイミングではじめよう?

筆者は海外機関訪問を、着任5年目からはじめました。アカデミックポストに就いてカラーの違う研究を始め、対外的に話せる結果が溜まってきた頃合いです。

具体的にどれぐらいの結果があればいいのでしょうか?後述しますが、現地で割当てられる講演時間は45-60分がほとんどです。そのため、60分のプレゼンを構成可能な研究成果が最低でも必要です。この長さのプレゼンが難しいようなら、講演は控えておきましょう。翌年以降もチャンスはあります!

こういった事情ゆえ、本シリーズは筆者と同年代の研究者(35~40歳ぐらい)向けの話になるかも知れません。しかしもっと若手の方でも、同様のアピールを考えるタイミングはきっと来るはずです。そのときの参考資料として、本稿を活用頂ければ幸いです。

ポスター発表って、埋もれちゃわないですか?

冒頭で書いたとおり、海外国際学会への参加ついでに、周辺日程で近郊機関に訪問してしまう。これが一番コスパが良いと思います。

というよりは、むしろこれぐらいしないと、貴重な研究費や出張時間の使い方としてコスパが悪いのでは?と最近は感じるようにもなりました。こう考えるに至った理由を以下に述べます。

海外学会では、皆さんどんな形式で発表をしていますか?

若手であれば、ほとんどポスター発表だと思います。確かに研究の宣伝にはなりますが、人が入れ替わり立ち替わりすることも手伝って、自らのキャラクターや研究思想をアピールしづらいという欠点があります。また人数も件数も多いので埋もれがちですし、発表者とゆっくり話して知り合いになったり仲良くなることも、案外難しかったりします。いずれby nameで仕事をしたいなら、自己アピールとしてはやや弱いように感じられるのです。

一方で口頭発表はどうでしょう。英語というハードルはあるのですが、そもそも発表者数が限られているので目立てます。ストーリーを伴って研究を理解してもらいやすい、Coffee Breakなどで発表したネタで話しかけて貰いやすい・・・などなど、意外な利点もあったりします。

この事実に気づけた時点で筆者は、ポスター発表ではなく、口頭発表に積極的に応募するようになりました。

ただ、現実的に口頭発表枠はかなり限られています。マイナーな学会でもない限り、審査で弾かれポスターに回されることが少なくありません(というか若いうちは、ほとんどそうなります)。一旦ポスターに採択されたら、学会には参加しなくてはなりません。高額な旅費を払って一日つっ立って終わり・・・というのは勿体ない気が段々してきたのです。

そこで海外学会のついでに現地機関を訪問する計画にしておくと、ポスター発表だけで終わりになりません。もっと言うなら、現地の人に顔と名前を覚えて貰う機会を、自ら増やすことができるのです。高い出張費を払って大したアピールにならない、という悲しい事態が防げます。

どの機関を訪問するのが良い?

一回の出張で訪問する機関数は、予算と滞在可能日数によりますが、1~3機関が適切だと思えます(先日、新学術レクチャーシップでイギリス5機関を訪問する機会に恵まれましたが、そのようなケースはむしろ例外かと思います)。

海外学会は、似たようなトピックが世界各地で開催されています。訪問したい機関が世界のどこにあるかまで見越したうえで、参加学会を選ぶぐらいしても、全く悪くないでしょう。とはいえ近郊機関と一口でいっても、無数にあるように思えます。どこを選べばいいのでしょうか?

筆者自身もかつてアドバイス頂いたことなのですが、慣れないうち/威張れる成果のないうちは、一流機関を避けて訪問するほうがいいと思えます。

馴染みのない研究機関でも、訪問して実際に話して見ると、面白い研究をしている人は意外といたりするものです。昨年はギリシャの学会参加ついでに、アテネ大学に立ち寄って講演してきました。ギリシャ最高の大学であり、スマートな人材が多く在籍している事実は、実際ディスカッションしてみて良く分かりました。一方で国家的財政危機があったため、研究設備はおぼつかない様子でもあり、いろいろな苦労や工夫が必要とされていることも伺い知れました。海外機関訪問は世界の現実を肌感覚で知ることができる、貴重な機会でもあるのです。

アテネ大学・合成化学研究室の様子。

もちろん一般的知名度は低いながらも、自分の研究テーマと密接に関わってくる業界内で知る人ぞ知る研究機関をご存じでしたら、そこを選ぶのも有益だと思います。きっと濃いつながりを作れるでしょう。一方で世界最高峰のハーバード大学は、一生に一度しか講演機会を持たせてくれないという話も耳にしたことがあります。おそらくは希望者が多すぎるからなのでしょうが、そのような例外的機関は、長い人生です、特別な機会に取っておきましょう。

次回は、現地機関へのアポイントメントをどう取るか?について触れてみたいと思います。

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!シリーズ一覧

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 置き去りのアルドール、launch!
  2. ノーベル化学賞は化学者の手に
  3. Gilbert Stork最後の?論文
  4. 化学系ブログのインパクトファクター
  5. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を…
  6. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  7. 信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthes…
  8. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  2. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  3. 癸巳の年、世紀の大発見
  4. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  5. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  6. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応
  7. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  8. 林松 Song Lin
  9. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  10. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP