[スポンサーリンク]


天然物合成

  1. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村智記念研究所 所長•教授。北里大学大学院感染制御科学府、学府長(兼務)専門は天然物化学、天然有機合成化学、医薬品化学。経歴1982年…

  2. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者で…

  3. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

    Tiを用いた還元的エポキシ開環/Beckwith-Dowd転位を鍵反応としてgraynane骨格を効…

  4. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

    「ケムステ海外研究記」の第28回目は、スクリプス研究所(Ryan Shenvi研)研究員・大多和正樹…

  5. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  6. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  7. 李昂 Ang Li

  8. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  9. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

  10. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  11. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

  12. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta

  13. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大

  14. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

  15. 未来のノーベル化学賞候補者

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  2. セレノフェン : Selenophene
  3. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用
  4. カラムやって
  5. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  7. Independence Day

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

PAGE TOP