[スポンサーリンク]


天然物合成

  1. ハットする間にエピメリ化!Pleurotinの形式合成

    天然物Pleurotinの形式合成が報告された。可視光による光エノール化/Diels–Alder反応、続くエピメリ化により複雑炭素骨格を一挙に構築することで、大幅な短工程化(26→13工程)に成功した。Pleurotinの合成Ple…

  2. 西田 篤司 Atsushi Nishida

    西田 篤司 (にしだあつし、1954年7月6日)は日本の有機化学者である。千葉大学学術研究・イノベー…

  3. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

  4. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者で…

  5. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

    Tiを用いた還元的エポキシ開環/Beckwith-Dowd転位を鍵反応としてgraynane骨格を効…

  6. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

  7. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  8. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  9. 李昂 Ang Li

  10. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  11. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

  12. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  13. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

  14. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta

  15. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大

  16. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究室での英語【Part1】
  2. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  3. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  4. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  5. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  6. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  7. 未来の化学者たちに夢を

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

PAGE TOP