[スポンサーリンク]


天然物合成

  1. 西田 篤司 Atsushi Nishida

    西田 篤司 (にしだあつし、1954年7月6日)は日本の有機化学者である。千葉大学学術研究・イノベーション推進機構特任教授。第21回ケムステVシンポ講師経歴1979年 北海道大学大学院薬学研究科製薬化学専攻(修士課程)修了(薬学修士…

  2. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

  3. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者で…

  4. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

    Tiを用いた還元的エポキシ開環/Beckwith-Dowd転位を鍵反応としてgraynane骨格を効…

  5. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

    「ケムステ海外研究記」の第28回目は、スクリプス研究所(Ryan Shenvi研)研究員・大多和正樹…

  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  7. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  8. 李昂 Ang Li

  9. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  10. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

  11. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  12. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

  13. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta

  14. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大

  15. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

  16. 未来のノーベル化学賞候補者

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  2. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  3. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  4. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  5. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  6. ヘリウム Helium -空気より軽い! 超伝導磁石の冷却材
  7. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate

注目情報

最新記事

UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子

UiO-66 は六核ジルコニウムオキシクラスターを SBU に持ち、高い熱安定性 · 化学安定性を示…

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

PAGE TOP