[スポンサーリンク]


天然物合成

  1. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア工科大学教授経歴2001 コネチカット大学卒業2006 イエール大学 博士号取得 (John L. Wood…

  2. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

    Tiを用いた還元的エポキシ開環/Beckwith-Dowd転位を鍵反応としてgraynane骨格を効…

  3. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

    「ケムステ海外研究記」の第28回目は、スクリプス研究所(Ryan Shenvi研)研究員・大多和正樹…

  4. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  5. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

    第17回目の海外研究記は、第3回の曽 明爍さんからのご推薦で、スクリプス研究所・大学院生の苅田譲さん…

  6. 李昂 Ang Li

  7. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  8. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

  9. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  10. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta

  11. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大

  12. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!

  13. 未来のノーベル化学賞候補者

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  2. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  3. 藤田 誠 Makoto Fujita
  4. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  5. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  6. タミフルの新規合成法・その3
  7. フェネストレンの新規合成法

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP