[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

ライアン・A・シェンビ(Ryan A. Shenvi, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米国スクリプス研究所准教授。

 

経歴

2003 ペンシルベニア州立大学 学士号取得 (R. L. Funk教授)

2008 スクリプス研究所 博士号取得 (P. S. Baran教授)

2008–2010 ハーバード大学 博士研究員 (E. J. Corey教授)

2010–  スクリプス研究所 助教授

2014– スクリプス研究所 准教授

 

 

受賞歴

2005–2008  NDSEG Predoctoral Fellow, TSRI

2007 Lesly Starr Shelton Award for Excellence in Chemistry Graduate Studies

2007 Roche Excellence in Chemistry Award

2008–2010 NIH Ruth L. Kirschstein Fellow, Harvard University

2011 Eli Lilly New Faculty Award

2012 Boehringer Ingelheim New Investigator Award

2013 Amgen Young Investigator Award

2013 Baxter Foundation Young Investigator Award

2014 Alfred P. Sloan Research Fellow

2014 NSF CAREER Award

2014 BMS Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry Award

2014 Novartis Early Career Award

2015 Eli Lilly Grantee Award

 

研究業績

学士をR. L. Funk教授のもとで、博士をP. S. Baran教授のもとで取得。博士研究員をE . J. Corey教授のもとで勤めた後、スクリプス研究所で助教授となる。2014年にテニュアを取得、准教授となり現在に至る。

テルペンやアルカロイドなどの天然物合成、およびそれらの合成を指向した反応開発を中心に研究を行っている。例えば、2012年にはfunebreneやcumacreneといった歪んだテルペンを合成する画期的な手法を報告しているほか[1]、2013年には(–)-neothiobinupharidineの全合成を行っている[2]。また同年、立体反転によって第三級アルコールを第三級アミンに変換する手法をNature誌に報告し、大きな注目を集めた[3]。最近では、自身で開発した手法により合成した分子の生物活性を評価するなど[4]、ケミカルバイオロジー分野へと研究の幅を広げている。

 

スクリーンショット 2015-04-29 12.19.07

ちなみに、Baran研在学時の有名な仕事に(+)-cortistatin Aの全合成[5]と(±)-chartelline C[6]の全合成がある。

スクリーンショット 2015-04-29 12.17.46

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

 

関連文献

  1. Pronin, S. V.; Shenvi R. A. Nat. Chem. 2012, 4, 915. DOI: 10.1038/nchem.1458
  2. Jansen, D. J.; Shenvi, R. A. J. Am. Chem. Soc. 2013135, 1209. DOI: 10.1021/ja310778t
  3. Pronin, S. V.; Reiher, C. A.; Shenvi R. A. Nature 2013, 501, 195. DOI: 10.1038/nature12472
  4. Wan, K. K.; Iwasaki, K.; Umotoy, J. C.; Wolan, Q. W.; Shenvi, R. A. Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 2410. DOI: 10.1002/anie.201411493
  5. Shenvi, R. A.; Guerrero, C. A.; Shi, J.; Li, C. -C.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7241. DOI: 10.1021/ja8023466
  6. Shenvi, R. A.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2006128, 14028. DOI: 10.1021/ja0659673

 

関連書籍

 

 

関連リンク

関連記事

  1. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  2. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  3. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  4. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  5. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  6. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  7. Corey系譜β版
  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高知和夫 J. K. Kochi
  2. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター
  3. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  4. 有機アジド(2):爆発性
  5. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  6. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  7. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  8. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  9. Organic Synthesis Workbook
  10. サイエンス・コミュニケーションをマスターする

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP