[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

ライアン・A・シェンビ(Ryan A. Shenvi, 1981年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米国スクリプス研究所准教授。

経歴

2003 ペンシルベニア州立大学 学士号取得 (R. L. Funk教授)

2008 スクリプス研究所 博士号取得 (P. S. Baran教授)

2008–2010 ハーバード大学 博士研究員 (E. J. Corey教授)

2010–  スクリプス研究所 助教授

2014– スクリプス研究所 准教授

 

受賞歴

2005–2008  NDSEG Predoctoral Fellow, TSRI

2007 Lesly Starr Shelton Award for Excellence in Chemistry Graduate Studies

2007 Roche Excellence in Chemistry Award

2008–2010 NIH Ruth L. Kirschstein Fellow, Harvard University

2011 Eli Lilly New Faculty Award

2012 Boehringer Ingelheim New Investigator Award

2013 Amgen Young Investigator Award

2013 Baxter Foundation Young Investigator Award

2014 Alfred P. Sloan Research Fellow

2014 NSF CAREER Award

2014 BMS Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry Award

2014 Novartis Early Career Award

2015 Eli Lilly Grantee Award

2019 Tetrahedron Young Investigator Award 2019

 

研究業績

学士をR. L. Funk教授のもとで、博士をP. S. Baran教授のもとで取得。博士研究員をE . J. Corey教授のもとで勤めた後、スクリプス研究所で助教授となる。2014年にテニュアを取得、准教授となり現在に至る。

テルペンやアルカロイドなどの天然物合成、およびそれらの合成を指向した反応開発を中心に研究を行っている。例えば、2012年にはfunebreneやcumacreneといった歪んだテルペンを合成する画期的な手法を報告しているほか[1]、2013年には(–)-neothiobinupharidineの全合成を行っている[2]。また同年、立体反転によって第三級アルコールを第三級アミンに変換する手法をNature誌に報告し、大きな注目を集めた[3]。最近では、自身で開発した手法により合成した分子の生物活性を評価するなど[4]、ケミカルバイオロジー分野へと研究の幅を広げている。

スクリーンショット 2015-04-29 12.19.07

ちなみに、Baran研在学時の有名な仕事に(+)-cortistatin Aの全合成[5]と(±)-chartelline C[6]の全合成がある。

スクリーンショット 2015-04-29 12.17.46

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

  1. Pronin, S. V.; Shenvi R. A. Nat. Chem. 2012, 4, 915. DOI: 10.1038/nchem.1458
  2. Jansen, D. J.; Shenvi, R. A. J. Am. Chem. Soc. 2013135, 1209. DOI: 10.1021/ja310778t
  3. Pronin, S. V.; Reiher, C. A.; Shenvi R. A. Nature 2013, 501, 195. DOI: 10.1038/nature12472
  4. Wan, K. K.; Iwasaki, K.; Umotoy, J. C.; Wolan, Q. W.; Shenvi, R. A. Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 2410. DOI: 10.1002/anie.201411493
  5. Shenvi, R. A.; Guerrero, C. A.; Shi, J.; Li, C. -C.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7241. DOI: 10.1021/ja8023466
  6. Shenvi, R. A.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2006128, 14028. DOI: 10.1021/ja0659673

関連書籍

 

 

関連リンク

関連記事

  1. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  2. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  3. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  4. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  5. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  6. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  7. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  8. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カンファー(camphor)
  2. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  3. コランヌレン : Corannulene
  4. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  5. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  6. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  7. シャンパンの泡、脱気の泡
  8. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?
  9. デスソース
  10. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」

いよいよ今年も日化年会の期日が迫って参りました!ケムステでも例年通り、参加者の方々に有益な各種企画の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP