[スポンサーリンク]


有機分子触媒

  1. 水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

    第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室 (金井 求 研究室) に在籍されていた、古田 将大 (ふるた・まさひろ) さんにお願いしました!金井研究室と言えばケムステ読者の皆…

  2. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用い…

  3. 強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

    第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

  4. 浅野 圭佑 Keisuke Asano

    浅野 圭佑(あさの けいすけ)は、日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研…

  5. フッ素のチカラで光学分割!?〜配向基はじめました〜

    ジフルオロメチレン基をもつアルコールの触媒的速度論的光学分割法が報告された。ジフルオロメチレン基が配…

  6. 第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

  7. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

  8. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

  9. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  10. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

  11. スコット・ミラー Scott J. Miller

  12. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

  13. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

  14. 未来のノーベル化学賞候補者

  15. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  3. ランシラクトンCの全合成と構造改訂-ペリ環状反応を駆使して-
  4. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる
  5. 米国版・歯痛の応急薬
  6. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2014
  7. トーマス・レクタ Thomas Lectka

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP