[スポンサーリンク]


有機分子触媒

  1. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

    第157回目のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 薬学研究院 博士後期課程2年の佐竹 瞬 (さたけ しゅん)さんにお願いしました。佐竹さんの所属する研究室(松永 茂樹 教授)では、医薬分子の迅速合成に向け、主に遷移金属触媒を…

  2. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  3. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  4. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

    (さらに…)…

  5. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

    デイヴィッド・W・C・マクミラン (David W. C. MacMillan、1968年x月x日-…

  6. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

  7. 未来のノーベル化学賞候補者

  8. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren
  2. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポスト・イット アドバンス2」
  4. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 1】
  5. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  6. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  7. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

注目情報

最新記事

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授

第57回の海外化学者インタビューは、フィリップ・ゲール教授です。英国サウサンプトン大学化学部に在籍(…

PAGE TOP