[スポンサーリンク]


有機分子触媒

  1. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

    第157回目のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 薬学研究院 博士後期課程2年の佐竹 瞬 (さたけ しゅん)さんにお願いしました。佐竹さんの所属する研究室(松永 茂樹 教授)では、医薬分子の迅速合成に向け、主に遷移金属触媒を…

  2. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  3. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  4. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

    (さらに…)…

  5. スコット・ミラー Scott J. Miller

    スコット・ミラー (Scott J. Miller、1966年12月11日-)はアメリカの有機化学者…

  6. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

  7. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

  8. 未来のノーベル化学賞候補者

  9. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  2. 有機機能材料 基礎から応用まで
  3. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  4. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)
  5. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion
  6. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~

注目情報

最新記事

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

PAGE TOP