[スポンサーリンク]


有機分子触媒

  1. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

    第157回目のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 薬学研究院 博士後期課程2年の佐竹 瞬 (さたけ しゅん)さんにお願いしました。佐竹さんの所属する研究室(松永 茂樹 教授)では、医薬分子の迅速合成に向け、主に遷移金属触媒を…

  2. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  3. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  4. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

    (さらに…)…

  5. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

    デイヴィッド・W・C・マクミラン (David W. C. MacMillan、1968年x月x日-…

  6. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

  7. 未来のノーベル化学賞候補者

  8. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  2. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  3. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  4. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  5. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  6. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  7. ビール好きならこの論文を読もう!

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP