[スポンサーリンク]


有機分子触媒

  1. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用いた機械学習による不斉触媒反応における選択性予測を可能とするワークフローが紹介されています。その後、2022年に同教授がこれを用いた高不斉収率…

  2. 強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

    第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

  3. 浅野 圭佑 Keisuke Asano

    浅野 圭佑(あさの けいすけ)は、日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研…

  4. フッ素のチカラで光学分割!?〜配向基はじめました〜

    ジフルオロメチレン基をもつアルコールの触媒的速度論的光学分割法が報告された。ジフルオロメチレン基が配…

  5. 第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

    新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

  6. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

  7. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

  8. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  9. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

  10. スコット・ミラー Scott J. Miller

  11. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

  12. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

  13. 未来のノーベル化学賞候補者

  14. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「人工知能時代」と人間の仕事
  2. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  3. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  4. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  5. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  6. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  7. 偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP