[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見

[スポンサーリンク]


 山形大農学部の豊増知伸助教授(40)らの研究グループが、高機能な抗がん剤開発への活用が期待される有機化合物「フシコクシン」を生成する遺伝子を発見した。フシコクシンは、抗がん作用があるとされる別の有機化合物「コチレニン」と構造が類似しており、フシコクシンを基にして新たな抗がん剤を大量に生産できる可能性があるという。?

 研究成果は、総合学術雑誌「米国科学アカデミー紀要」の19日付電子版に掲載された。山形大の研究者が筆頭筆者となった論文が、同誌に掲載されるのは初めて(引用:荘内日報社)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…
  2. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  3. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ…
  4. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  5. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  6. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  7. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  8. 2011年10大化学ニュース【前編】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien
  2. ブラン環化 Blanc Cyclization
  3. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  4. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  5. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  6. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  7. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  8. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  9. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  10. ショウガに含まれる辛味成分

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP