[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見


 山形大農学部の豊増知伸助教授(40)らの研究グループが、高機能な抗がん剤開発への活用が期待される有機化合物「フシコクシン」を生成する遺伝子を発見した。フシコクシンは、抗がん作用があるとされる別の有機化合物「コチレニン」と構造が類似しており、フシコクシンを基にして新たな抗がん剤を大量に生産できる可能性があるという。?

 研究成果は、総合学術雑誌「米国科学アカデミー紀要」の19日付電子版に掲載された。山形大の研究者が筆頭筆者となった論文が、同誌に掲載されるのは初めて(引用:荘内日報社)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  2. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  3. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  4. 「さびない鉄」産業界熱視線
  5. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  6. 秋の褒章2009 -化学-
  7. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  8. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  2. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  3. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  4. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  5. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate
  6. サラシノール/Salacinol
  7. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  8. ボンビコール /bombykol
  9. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  10. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP