[スポンサーリンク]

ケムステニュース

抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見


 山形大農学部の豊増知伸助教授(40)らの研究グループが、高機能な抗がん剤開発への活用が期待される有機化合物「フシコクシン」を生成する遺伝子を発見した。フシコクシンは、抗がん作用があるとされる別の有機化合物「コチレニン」と構造が類似しており、フシコクシンを基にして新たな抗がん剤を大量に生産できる可能性があるという。?

 研究成果は、総合学術雑誌「米国科学アカデミー紀要」の19日付電子版に掲載された。山形大の研究者が筆頭筆者となった論文が、同誌に掲載されるのは初めて(引用:荘内日報社)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  2. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  3. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  4. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  5. 化学グランプリ 参加者を募集
  6. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  7. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売
  8. 5年で57億円かかるエルゼビアの論文閲覧システムの契約交渉で大学…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  3. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  4. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  5. Nature Chemistry:Research Highlight
  6. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  7. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  8. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  9. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  10. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP