[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

グァンビン・ドン Guangbin Dong

[スポンサーリンク]

グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である。米シカゴ大学 教授(写真引用:Dong研究室ホームページ

経歴

2003 北京大学化学科 学士号取得
2009 スタンフォード大学 化学科 博士号取得(Barry M. Trost教授)
2009–2011 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Robert H. Grubbs教授)
2011–2016 テキサス大学オースティン校 助教授
2016–現在 シカゴ大学 教授

受賞歴

2010 Reaxys PhD Prize, Runners-up, Elsevier
2011 CPRIT Award for Recruitment First-Time Tenure-Track Faculty Membe
2012 Herman Frasch Foundation Award in Chemical Research
2013 National Science Foundation CAREER Award
2014 Sloan Research Fellowship
2014 DuPont’s 2014 Class of Young Professors
2016 Eli Lilly Grantee Award
2017 Arthur C. Cope Scholar Award

研究概要

C–H結合活性化法の開発

遷移金属触媒を用いて、ケトンやアミンなどの基本的な官能基を足がかりとしたC–H結合活性化反応の開発を行なっている。Catellani反応に倣いノルボンネンを活用したC–H活性化反応や、基質と有機分子触媒から形成されるtransient directing group(一時的な配向基)を活用した手法を多く報告しており、化学当論量のdirecting groupを用いることなく、ケトンやアミン類のremote C–H活性化を達成している。(関連記事:飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法

 

パラジウム-ノルボルネン触媒系によるハロベンゼンのオルト位アミノ化(引用:J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 18350–18353.)

酸化-共役付加のカスケード反応によるredox neutralなケトンβ位C-Hのアリール化(引用:J. Am. Chem. Soc. 2013135, 17747-17750.)

Bifunctional Catalystを用いたケトンα位の触媒的アルキル化(引用:Science 2014345, 68.

有機分子触媒とパラジウム触媒とを活用したアミンγ位のC–Hアリール化(引用:Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 9084.)

 

C–C結合活性化法の開発

熱力学的かつ速度論的に活性化が難しいC–C結合を金属触媒によって活性化し、新たな炭素骨格を構築する反応を報告している。彼らのグループではこのC–C結合を組み替える手法を便宜的に“cut and sew(裁縫)”と呼んでいる。従来のC–C結合活性化は歪みエネルギーの解消に依存するものが多かったが、近年、Dongらはほとんど歪みを持たないシクロペンタノンについてもC–C結合を活性化し、新たな炭素骨格を構築する手法を見出した (関連記事:安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える)。

シクロブタノンのC–C活性化を経由したビシクロ骨格合成(引用:Nature Chem. 20146, 739.)

シクロペンタノンのC–C活性化を経由した新規骨格合成(引用:Nature 2016, 539, 546.)

 

天然物合成

これまでに、上記手法を鍵反応とする天然物合成が数例報告されている。

新マテリアル創出

芳香環が連なったグラフェンナノリボンのボトムアップ合成にも取り組んでいる。金属触媒反応を巧みに用いることによって、高分子化合物合成を可能にしている。

関連論文・書籍

  1. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 18350–18353. DOI: 10.1021/ja410823e
  2. J. Am. Chem. Soc. 2013135, 17747-17750. DOI: 10.1021/ja410389a
  3. Science 2014345, 68. DOI:  10.1126/science.1254465
  4. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 9084. DOI: 10.1002/anie.201604268
  5. Nature Chem. 20146, 739. DOI: 10.1038/nchem.1989
  6. Nature 2016, 539, 546. DOI: 10.1038/nature19849
  7. Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 2376. DOI: 10.1002/anie.201611642
  8. Angew. Chem., Int. Ed. 201453, 10733. DOI: 10.1002/anie.201404802
  9. Chem. Eur. J. 2016, 22, 9116. DOI: 10.1002/chem.201602007

関連リンク

Orthogonene

投稿者の記事一覧

有機合成を専門にするシカゴ大学化学科PhD3年生です。
趣味はスポーツ(器械体操・筋トレ・ランニング)と読書です。
ゆくゆくはアメリカで教授になって活躍するため、日々精進中です。

http://donggroup-sites.uchicago.edu/

関連記事

  1. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  2. 小松紘一 Koichi Komatsu
  3. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  4. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  5. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  6. ジョージ・フェール George Feher
  7. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  8. 日本学術振興会賞受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  2. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  3. 三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録
  4. 有機反応機構の書き方
  5. ケムステSlack、開設一周年!
  6. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【終了】
  7. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜
  8. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  9. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  10. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP