[スポンサーリンク]


構造有機化学

  1. TEtraQuinoline (TEQ)

    第 484 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学薬学部 分子創成化学講座 特任助教の Xu Wei (シュ・ウェイ) 先生にお願いしました!Xu 先生の所属する分子創成化学講座 (熊谷直哉 研究室) は、2021年…

  2. 電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

    第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

  3. 金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

    アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

  4. ポルフィリン化学100年の謎を解明:calix[3]pyrroleの合成と反応性

    第332回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(猪熊研究室)・稲葉 佑哉さんにお願…

  5. 徹底的に電子不足化した有機π共役分子 ~高機能n型有機半導体材料の創製を目指して~

    第319回のスポットライトリサーチは名古屋大学大学院工学研究科忍久保研究室の博士課程1年田島 慶太さ…

  6. 電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

  7. ヒュッケル法(後編)~Excelでフラーレンの電子構造を予測してみた!~

  8. ヒュッケル法(前編)~手計算で分子軌道を求めてみた~

  9. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子

  10. 齊藤 尚平 Shohei Saito

  11. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教授

  12. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

  13. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

  14. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功

  15. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

  16. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  2. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  3. 三原色発光するシリコン量子ドットフィルム―太陽光、高温、高湿への高い耐久性は表面構造が鍵―
  4. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  5. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-
  6. アコニチン (aconitine)
  7. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

PAGE TOP