[スポンサーリンク]


構造有機化学

  1. ポルフィリン化学100年の謎を解明:calix[3]pyrroleの合成と反応性

    第332回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(猪熊研究室)・稲葉 佑哉さんにお願いしました。ポルフィリンという分子をご存じでしょうか?ピロールが4つ含まれる綺麗な対称性分子で、光合成システムの集光部位に使われても…

  2. 徹底的に電子不足化した有機π共役分子 ~高機能n型有機半導体材料の創製を目指して~

    第319回のスポットライトリサーチは名古屋大学大学院工学研究科忍久保研究室の博士課程1年田島 慶太さ…

  3. 電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

    第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

  4. ヒュッケル法(後編)~Excelでフラーレンの電子構造を予測してみた!~

    bergです。今回は量子化学の黎明期に有機化学の分子軌道論との橋渡しとしての役割を果たしたヒュッケル…

  5. ヒュッケル法(前編)~手計算で分子軌道を求めてみた~

    bergです。今回からは2回に分けて、量子化学の黎明期に有機化学の分子軌道論との橋渡しとしての役割を…

  6. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子

  7. 齊藤 尚平 Shohei Saito

  8. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教授

  9. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

  10. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

  11. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功

  12. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

  13. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

  14. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

  15. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  16. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  2. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  3. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  4. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  5. ケムステの記事を導出しています
  6. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン
  7. リチウムにビリリとしびれた芳香環

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP